ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!

リセット ☆☆☆

b0018641_14214735.jpg
VANISHING ON 7TH STREET


2010/米
 監督:ブラッド・アンダーソン
 出演:ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン、ジョン・レグイザモ、ジェイコブ・ラティモア

ストーリー映画.comより
 ある晩、突然の停電とともに地球上の人々がナゾの消失を遂げた。
 電力が復旧しないまま、やみに包まれた夜の時間だけがどんどん長くなっていく。
 発電機によりかろうじて明かりの灯ったバーに、偶然にも消失を免れた4人の男女がたどり着く。
 彼らはやみの恐怖に怯えながらも、人類消失のナゾに迫る。
   リセット@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  劇中映画のコトを 
   ”アダム・サンドラーの珍騒動 ありきたりで先が読める・・・” って言わしてたけど、、
  私が彼で、彼女にこの映画のコトを聞かれたら、、

  ”ヘイデン・クリステンセンが出てる辛気臭い映画、、
    面白くないけど、、どう映画を終わらせる気なのか、そもそも何のジャンルなのか分からんから、、
    結末が気になって観ちゃうわー””

  て ゆーかな。

  最初、、宇宙人の侵略ものかなって思ったけど、、、違ったね。。
  映写技師が、、何かを匂わす感じの、、トンネルに入っていって襲われたのに、
   彼の衣服がそのままビリヤード台に残ってたあたりから、、 宗教、、臭が濃くなってきたよねぇ。
  たった1台動いたトラックの荷台に積まれてたのが大量のリンゴ、、って、、 (^^;)

  結局、、邦題の ”リセット” が全てを語ってるよね。
  そこまでタイトルで語っていいのかね? ってぐらい語ってるよね。。

  主人公・ヘイデン・クリステンセンの名前がルーク、、とか、
   赤ちゃんを必死で探してる女性の名前がローズマリー、、とか、、
  ”ありきたりで先が読める 低俗な映画” なんてセリフ、、とか、
  まず、映画館で低俗な映画を観て笑ってた人達が消える、、とか、、
   (ー`´ー) 最近の映画状況について何か言いたいことでも?? って気もするけど、、
  ま、そんなんどーでもいいや。。

  ただ、、これが ”神様によるリセット” の話だとしたら、、、、

    ( ̄▼ ̄|||)  神様って、、、怖過ぎ、、S過ぎ、、(2人を残しての)人類滅亡を楽しみ過ぎ、、

  だよね。。

  2人以外、、みんなパッと消してあげてよー って思うよね。
  手術中、医者や看護婦を全部消して、お腹を開かれた状態の患者だけ残すとか、、
  一回襲われて、助かった~ と思わせて、、、ウッソーん♪ って消すとか、、
  大切な赤ちゃんの泣き声で誘い出しといて、、やっぱり赤ちゃんいない! ガーン、、からの消去とか、、
  楽しんでる以外の何でもないよね。。
  酷いヤツだわ。。
  そんな神様イヤだわー。。


  どこかの星の宇宙人が、、蟻の巣観察セットみたいな感じで、地球人観察セットを作ってて、、
  とりあえず、環境を整えて地球人の繁殖にも成功したけど、、
   観察セットの規模に対して、あまりにも地球人が増えたのと、
  それが原因で観察セットから悪臭もしてきたりして、、ちょっとイヤんなったので、、、
  セットごと捨てようかな、とも、、思ったけど、、
  たった2人からどんどん増殖していく地球人を見てるのも楽しかったので、、、
  一回、初期設定に戻して、、、やり直し。

  の 方がいいよね、、神様の仕業、、よりいいよね。 ( ̄_ ̄;)



  ところで、、アダム・サンドラーは怒らへんの? 低俗映画、、とか言われて怒らへんの?
  ま、、、、この映画が散々だったみたいだから、、逆に笑ってるかな? ( ̄w ̄) ぷ



  感想まとめ: 誰もいてないねんから、、1回、そこら辺の家にでも火をつけてみたら?
           ヘイデン・クリステンセンは、、やっぱり悪者顔だよねー。









 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-02-26 14:33 | ホラー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ringomovie.exblog.jp/tb/24179714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。