ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!

カテゴリ:ファンタジー( 48 )

b0018641_1452157.jpg
CLASH OF THE TITANS

2010/米
 監督:ルイ・レテリエ
 出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、アレクサ・ダヴァロス、ジェマ・アータートン

ストーリーシネマトゥデイより
 神々が世に君臨していたある時代。
 神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、
        人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。
 彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す
     戦いの旅に出る。そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。
   タイタンの戦い@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  巨大サソリとの戦いやクラーケンの登場シーンは凄い!
  と思った。 3Dで観てみたいと思った。
  それだけ。 ( ̄_ ̄;)

  ギリシャ神話とか全然知らないんだけど、、、
  ギリシャの神々は、、、酷くね?
  自分に反抗する人間の王、、そのお仕置きは、、、
   彼の嫁とチョメチョメ(←古っ! (-Ⅱ-;)  ) して、身籠らす。。。
  って、ハリウッドのソープドラマ的過ぎやん!
  メデューサも、、何?何? 神に言い寄られて、断ったら犯されてって…

  (屮゜Д゜)屮 そりゃ祈りなんか捧げたくなくなるわーっ!

  とか言いながらも、、、
   この機会に、ギリシャ神話、、ちょいと読んでみようかなぁ~ ( ̄-  ̄ ) ンー

  P.S.
   あれだけ神なんて嫌だぁー! 嫌いだぁー! ゆーてたのに、、、
   なんで最後あんなに仲良さそうなのさ、、
   そもそも、悪のハデスに事の始末を頼んだのも、、
     最終的にクラーケンの出動にGo!を出したのも、、
   (━━┳━━゛_゛━━┳━━)  ゼウス、、あんたぢゃん!
                      いい父親ぶってんぢゃないわよ!



 2回目鑑賞。。  2017/8/9

   なんか、( ̄-  ̄ ) 、続編があるみたいなので、、観直してみました。
   で、、その感想は・・

   初回と同じ。。
    ( ̄‥ ̄)=3  神話の神っちゅーのは、、酷っでーヤツらだぜっ!   かな。。

   全然覚えてなかったけど、、
    最後、、お姫様はアッサリ振られるんだねー ( ̄  ̄;) なんか可哀そうー。。
   で、、、
   ペルセウスには、ゼウスお父ちゃんが 「 ( ´∀`)b 伴侶にどーぞ」 って、、
    イオを生き返らせるんだけど、、
   そもそも、イオって
    「ゼウスの求愛を断ったから ”永遠の若さ” の 呪い (?) を かけられた、、」
   とか 言ってなかった?
    (―‘`―;) なんだかなぁー 


   エウセビオス、、って、X-MENのビーストだね。


 (初回鑑賞 2011/3/1 評価 ☆★)

   初回鑑賞時 星が ☆★ って、、
    (;´^д^`) あまりにも少ないねー
           この時は、星5個満点だったのかな? エエ加減ですなぁ。。








 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







 
 
[PR]
by ringo-movie | 2017-08-09 16:11 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_23201962.jpg

Elf
2003/米
 監督:ジョン・ファブロー
 出演:ウィル・フェレル、ジェームズ・カーン、 メアリー・スティーンバーゲン、ズーイー・デシャネル

ストーリー映画.comより
 ある年のクリスマス、孤児院で1人の赤ん坊がサンタの袋に紛れこみ、そのまま北極へと連れて
  行かれてしまう。
 エルフに預けられた赤ん坊は、バディと名づけられすくすくと成長していく。
 そして30年後、立派な大人の男性になったバディはニューヨークにいるという実の父親を探しに
  旅立つが……。
   エルフ~サンタの国からやってきた~ @ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  胸がモヤモヤするような映画を続けて観てしまったので、、
   ホンワカ温かい気持ちになれる映画を、、、と 選んだんですが・・・ ( ̄_ ̄;)う~む

  こういう映画を観て、素直に笑えるピュアなハートを、、、、(lll´`) 失ってしまったんですかね?私。。

  ニューヨークに父親を捜しに来たバディ、、ハチャメチャな行動を取りますけど、、
  北極にいたエルフ達は、至って普通でしたからねー。
  ちょっと陽気で、優しさに溢れてて、働き者な小さい人、、って感じでしたよね。
   パスタとお菓子を手でこねくり回して、クチいっぱい頬張る、、とか、絶対しなさそうだし。。
  だから、、
   バディの、その空気を読めない感じ、下品な感じ、は、、(¬д¬。)  エルフ達からも浮いてたんちゃうん?
  って思ってしまう。。

  サンタの ”悪い子リスト” に 載ってた父親が、、急にエエ人になったキッカケは何?
  突然でしたよねー。
  てか、、、
   いくら遺伝子テストで自分の子供だと分かったからって、、
    突然現れたオッサンを子供として受け入れ、警察に引き取りに行ったり、家に呼んだり、、、
  ”悪い子リスト” に 載るような人は、、まずしないと思いますけどね。。

  サンタを信じてるワケじゃないけど、、、愛してるワケでもないけど、、、
   「あいつ(雪だるま)の言うことなんか聞くな」 なんて、、
  悪口のような、、雪だるま<なんか> って見下してるような、、
   そういうセリフをサンタに言わせてるのが、、ちょっと違和感、ちょっと嫌悪感。。。。



   なんて、、 (¬д¬。)  ← こんな顔しながら観る映画じゃないですよね。


  まぁ、、クリスマスシーズンに、家族で ( ̄w ̄) クスッ とか笑いながら観るには、、いいのかも。


  彼、、映画で30歳の設定でしたよね。
   養父のエルフが言ってました 「エルフの国に人間が来たことはない30年前までは・・・」 って。。
  30歳って、、、
   見えませんよねー どう見ても アラ・フィフ ぐらい? はっきり、しっかりオッサンですよね。。
  と 思って調べたら、、、
  彼、この映画の時は30半ばぐらいでした。。 ( ̄_ ̄;) 老けてますねー



  ん~ (ー‘´ー) バディの役、、若かりし頃のジム・キャリーがやったら、、、似合ってただろうなぁ~











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







 
[PR]
by ringo-movie | 2016-08-18 23:28 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_0412640.jpg

The Mortal Instruments:City of Bones

2013/米・独
 監督:ハラルド・ズワルト
 出演:リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジョナサン・リース・マイヤーズ

ストーリー映画.comより
 ニューヨークに暮らすごく普通の少女クラリーは、ある事件をきっかけに、この世には吸血鬼や人狼、
  妖魔といった地下世界の住人=ダウンワールダーが存在することを知る。
 そうしたダウンワールダーを狩る「シャドウハンター」の美少年ジェイスと出会ったクラリーは、母の
  ジョスリンもまた、ハンターであることを知らされる。
 特殊能力を授けると言われる聖杯を闇の存在から守っていた母が反逆者にさらわれてしまったこと
  から、クラリーは母を救い、聖杯を探すため戦う決意をする。
   シャドウハンター@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  ( ̄-  ̄ ) こりゃ、、長編小説を映画にしてますなー。。

   ってのが、、観てて分かる映画ですね。。。

   ”抜粋感” がハンパないし、、、
   続編ありき、、で 作ってるから、、詳しいコトは次回! 的に、、
    伏線、、と言うか、、ワケワカランとこ、、と言うか、、説明が欲しいとこも
     おもきしスルー。。
   今回は、とりあえず顔出しだけしとこー ってキャラもいて。。

   なんかね、、、モヤモヤしたまま終わってしまいました。。

   続編ありき、、で、、謎を散りばめたまま終わるの、、やめて欲しいんですけどねー。。
   1話をキッチリ作った上で、、、次にいってくれませんかね。。

   ヒロインに兄がいる。。
    って 話に出た瞬間、、、親友のサイモンがお兄ちゃんだと思ったんですけど、、、
    熱いキッスを交わしたジェイスがお兄ちゃんだって? まぢ?
   どー見ても、、サイモンの方が似てるじゃん、、、眉。。 あの眉。。 あの!眉! (ー`´ー)

   ホッジって、、、シャドウハンターの中でもエラそうな感じだったんですけど、、、
    ”引きこもり” を 治して欲しいため、、だけに、、あんな裏切りを???

   シャドウハンターの秘密基地みたいなトコに敵が襲撃して来ても、
    他のシャドウハンター、、誰1人戦ってなかったんですけど、、他のシャドウハンターって、、
   いないの?
   ホッジと、、あの3人だけ!??  
     だったら、、(`Д´ ) そりゃ、ちょっと悪いコトしてでもハンター増やそうって気持ち分かるけど・・

   悪者(ジョナサン・リース・マイヤーズ) は ハンターを増やしたかったんですよね?
   それに聖杯がいる、、と、、
    で、それに妖魔を操るとか、、どう繋がってたんですかね?
   妖魔を操れるなら、、もうハンター増やさなくてもいいですよね?


   あー それは、、もう1回観たら分かるのかな? そこの説明、、見逃したかな??


   結構、、好きな世界のお話しだったので、、、
    どうせなら、ちゃんとモヤモヤが解決されるように、、続編も観たかったですけど、、、
   これが、、イマイチの評判だったから、、
    ( ゜д゜) 続編、、、中止って???

   だからーー!! 
     (━━┳━━゛_゛━━┳━━) 続編ありき、、で作るのやめといてよー!
               まずは1話に全力投球! してよー!
               兄ちゃんは!!! 誰よーーーー!!!?










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-08-10 00:46 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_19515175.jpg

LA BELLE LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST

2014/フランス・ドイツ
 監督:クリストフ・ガンズ
 出演:ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、イボンヌ・カッターフェルト

ストーリー(Yahoo!映画より)
 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベルが野獣)の住む
  城に連れていかれてしまう。
 彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の
  制約も受けなかった。
 自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付く。
   美女と野獣@ぴあ映画生活






  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  映像がね、、
   退廃的なお城の雰囲気だったり、ベルのドレスだったり、、治癒の泉のキラキラだったり、
  とってもキレイでしたね。。。

  あの、、
   ベルのドレスと髪飾りのコーディネートとか、、野獣が 
     ( ̄-  ̄ )う~む ちょっと派手かな・・・
   とか
     ('ー'*) 髪に、、ドレスと同系色の花を散らしてみようか・・・
   とか
    言いながら考えてるのかなぁー?
  と 思うと、、ちょっと笑っちゃいますよね。。

  てか、、、
   本当にそういうシーンがあったりすると、、
   私的にはベルが野獣に心を許していくのも理解出来るかもしれませんけどね。。

  そーいうシーンは、、もちろん無かったので、、、
   (¬д¬。) ベルは野獣を愛した気でいるけど、、それはただの同情じゃないの??
  とか思ってしまう。。
  見た目野獣だけど、、でも・・・ ← って ・・・ の部分、惹かれる部分、魅力的な部分って、、
   特に無かったですもんねぇ。。
  ただのエラソーな乱暴者にしか見えなかったんですけどね。。


  森の妖精の女王さん、、
   そんな事なら、もっと強く狩りをとめなよ! 狩りに行くなら別れます! とか言いなよ!!
  とかー
  盗賊が城をメチャクチャにする前に、、城に入る前に潰しちゃいなよ! 掃除が大変じゃん!!
  とかー
  そんな大きな石造が、、強そうにガオーとか言ってんのに、、普通の銃に撃たれて後退しちゃうって・・
  とかー
  王子って、、、
   ”キレイで若い青年” ってイメージだったから、、おっさんが出てきて驚き!
  とかー
  姉ちゃんは、昔の豪勢な暮らしを忘れられず、、お金・贅沢大好きだけど、、ベルは堅実派で、、
   平たくゆーと、、”イイコ” を見せたいがための、姉ちゃんのシーンが多すぎくない?
  ちょっとダラダラしてない?
  とかー
  他人の城に入って、、勝手に飲み食いした挙句、、宝石やら、バラやらを盗んだのに、、、
   ”俺は善人だ! 盗人なんて言わせない!” って、、お父ちゃん、、無茶ゆーわぁー
  とかー


   むむむっ ( ̄____ ̄) むむむむむっ


  て 感じで、、楽しく観ました。


  余談ですけど、、、
   ヒロインの女優さん、、ウチの妹の若かりし頃によー似てて驚き。。
    あの子、、( ̄-  ̄ ) 美人やってんねー










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






  
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-25 19:58 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_15382924.jpg
D-WAR

2008/韓国
 監督:シム・ヒョンレ
 出演:ジェイソン・ベア、アマンダ・ブルックス、ロバート・フォスター、クリス・マルケイ

ストーリー(allcinema解説より)
 ロサンジェルスの街中が突如巨大ハリケーンに襲われたような惨事に見舞われる。
 取材に訪れたレポーターのイーサンは、ふとしたことから少年時代の記憶を蘇らせる。
 それは、古美術店の店主が語る ”500年に一度、運命の女性を巡って正邪の戦いが勃発し、
  人類が滅亡の危機に直面する” という奇想天外な話。
 しかし、それが今現実になろうとしていた。
 そしてイーサンが、その運命の女性を探し当てたとき、突然巨大なモンスターが現われ、2人に
  襲いかかってきた。
   D-WARS ディー・ウォーズ@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   (。・´_`・。) あらまぁ~
          製作費35億円以上ですって。。
          やっちゃいましたねー。。
          なんでアメリカ人に生まれ変わらせたんですかね?
          最後、、チョゴリ着て昇天してましたよね?
           だったら全部、韓国を舞台で作らはった方がシックリきたかもしれませんよねー。
          この脚本だったら、どこが舞台でもダメですかね?
          いや、、
           主人公の演技が変わって(主人公が変わって、って事ね (^^;)ちょっと大根さんよね
           米軍とかFBIとかの妙な違和感も無くなったら、、
          まだ観れる映画になったような気がするんですけどねー。

   ワカランけどね。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-08 15:41 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_1414302.jpg
Passengers

2009/米
 監督:ロドリゴ・ガルシア
 出演:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィット・モース、クレア・デュバル

ストーリー(allcinema解説より)
 若きセラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客のセラピーを担当することに。
 しかし他の生存者とまるで様子の違うエリックはグループ・カウセリングを拒否して個別カウンセリングを
  要求した上、薄気味悪い言動でクレアを困惑させる。
 そんな中、事故の状況を巡って生存者たちの証言と航空会社の公式説明との食い違いが表面化し、
  さらに生存者たちが次々と謎の失踪を遂げる事態に。
 航空会社への不審を強めたクレアは、懸命に事故の核心に迫ろうとするのだが…。
   パッセンジャーズ@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  アン・ハサウェイがあまり好きじゃないので、、(^_^;) パスしてた作品でしたが、、、
  が、、
  今は、、


   あれ? ('ェ') なんで、、アン・ハサウェイ嫌いだったっけ??


  って感じ。。 
    (*'v'*) 面白かったですね~。。

  すっかり騙されました。
  まず、映画案内の ”アン・ハサウェイ主演で贈るサスペンス” って文字から騙されてたんですねー。
  って、、この手の作品も ”サスペンス” に なるんですかね?
  ま、いっか。。

  最近、、そう、最近、、ちょうど、、
    ( ̄-  ̄ ) 久しぶりに ”シックス・センス” 観たいなぁー
  とか思ってたとこだったので、、そんな私にドンピシャな映画でした。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-06 14:17 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_1521660.jpg
Pan’s Labyrinth


2006/メキシコ・スペイン・米
 監督:ギレルモ・デル・トロ
 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル

ストーリー(allcinema解説より)
 1944年のスペイン。
 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。
 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンと共にこの山奥へとやって来る。
 この地でゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍と母が再婚したのだった。
 冷酷で残忍な義父に恐怖と憎しみを募らせるオフェリア。
 その夜、彼女は昆虫の姿をした不思議な妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる。
 そこでオフェリアを出迎えたパン<牧神>は、彼女が地底の魔法の国のプリンセスの生まれ変わりで、
  満月の夜までに3つの試練を乗り越えれば、魔法の国に帰ることが出来ると告げる。
 オフェリアはその言葉を信じて、与えられた3つの試練に立ち向かう決意を固めるのだったが…。
   パンズ・ラビリンス@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   あー、最後は帰れて良かった、、良かった、、、ハッピー・エンドだねぇ~ (*'v'*)



   なんて、、気持ちには全くなれない映画でしたー。。  ( ̄▼ ̄|||)
   とりあえず、、
    映画を観るために暗くしていた部屋のカーテンを開けて、、
    ベランダに出て真夏日的なカンカン照りの太陽の光を浴びて、胸の中のドロドロを流しました。。
   熱湯消毒ならぬ、、日光消毒です。  (^^;)


   ダークファンタジーとは知ってましたが、、、
   ファンタジーがダークって言うより、、、人間のダークさがエゲツない映画でした。。
   主人公の義父 ”大尉” が、、、
   まー、、ファンタジーの世界の悪者より ”悪” です。。
   妖精を頭から食いちぎる怪物と、大尉、、、
    他人を痛めつけることに楽しみを見出してる感じからしても、大尉の方がより怖いです。。
   現実の方が怖いです。
   怪物より人間の方が怖いです。。
   大尉(人間)の残虐性が、映画のために誇張されたものでないことが分かってるだけに、、怖いです。
   そんな、、
    ファンタジーでは片付けられない怖さ、、が、、ドロドロの原因ですよねー。 (´_`。)戦争反対ー!

   悪の象徴的な ”大尉” が 殺されてもスッキリ出来ない、、この後味の悪さ。。
   最後に 「息子に伝えてくれ・・・」 とか言わせて、、人間らしさを匂わす、、、とか、、
   頬を打ち抜かれて目から血が滲む、、、とか、、
   スッキリさせてなるものか!
    ってゆー、、、作り手さんの意地が見えますよね。。  、、(lll´`)意地悪~


   しばらくは、、、、観たくないです。。
   しばらくは、、、、世界はハッピ・ハッピー♪   って、、思い込んどきたいです。。
   今もニュースで、どこかの国の首相か、大臣か、、「武器が足りない!」 ゆーてます。。
   ダークファンタジーで教えてもらえなくても、、、
   って感じです。  (T m T)ハッピ・ハッピー・・・・











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-07-27 15:25 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_19301272.jpg
The Chronicles of Narnia:The Lion,the Witch and the Wardrobe


2005/米
 監督:アンドリュー・アダムソン
 出演:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル

ストーリー(allcinema解説より)
 第二次世界大戦下のイギリス。 
 ペベンシー家の子どもたち、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人は、ロンドンの空襲を逃れ、
  田舎のカーク教授のもとに預けられる。
 古くて広い教授の屋敷を探索していた末っ子のルーシーは、空き部屋で大きな衣装だんすを見つけ、
  何かに導かれるようにその奥へと進んでいく。
 そして、ふと気づくとルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。
 そこは、言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国 ”ナルニア”。
 偉大な王アスランが作った美しいこの国は、冷酷な白い魔女によって100年もの間冬の世界に
  閉じ込められていた。
 ナルニアの住人たちはひたすらにアスランの帰還を祈り続けていた。
 やがてペベンシー家の4人の幼き子どもたちは、この国の運命が自分たちの手に託されたことを
  知るのだった…。
   ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   末っ子のルーシィ(ジョージー・ヘンリー)が、、まぁ~可愛いっ!! (*'v'*)


   年を取ると、、、、(´_`。) 涙もろくなってアキマセンねぇ~。。 
   空襲を逃れて疎開する子供達を見送る母親の気持ちとか、、
   兄弟を守らないとアカンって重い責任感を抱えるお兄ちゃんの気持ちとか、、
   戦争に行った父親のコトが心配だったり、不安だったり、、で、、やたらと反抗的な弟の気持ちとか、、
   考えたら、、、
   まず、あの見送りの駅のシーンで1泣きしちゃいましたわ。。

   色んな人のレビューを見てみると、、、、あまり評価が良くないようですね、、、 (^_^;)
    ”ご都合主義過ぎる” とか ” 『ロード・オブ・ザ・リング』の二番煎じ” とか
    ”4人の子供達に華がなさ過ぎる” とか。。。
   なるほどねー。。
   そうなのかもねー。。。 ( ̄____ ̄)

   言われてみれば、、、ですが、、私、結構楽しめました。 ( ̄ー ̄)  。

   そりゃあね、、
    突然のサンタクロースにちょっと驚きましたけど、、そのプレゼントの凄さにも驚きましたけど、、
    普通の少年が、突然、剣の達人になっちゃうのも、おや? と思いましたけど、、
    そもそも、アスラン(ライオン)だけで敵に勝てたのでは? なんて、、フとよぎりましたけど、、
    魔法の意味を知ってたアスランは、、”復活”を承知で命を捧げたの?
     それってどーよ。 なんか、、インチキ臭くない?  とか思いましたけど、、
    魔女なのに、、、魔法なしで二刀流????  とか、、とか、、とか、、、ね。。( ̄w ̄)ふふっ

   それでも楽しめましたの。。

   そんなもん。 この世界はそーいうもん。
   って、、割り切って観れました。。。
   それってきっと、、、ルーシィの可愛さ効果かなぁ~。。 どうかなぁ~。。


   第2章、第3章と続けて観たいけど、、、飽きちゃうかな?
   映画の出来ウンヌンというより、、私の集中力の問題で、、飽きちゃうかなぁ~  (^^;)










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-06-01 20:01 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_0272947.jpg
The Golden Child


1986/米
 監督:マイケル・リッチー
 出演:エディ・マーフィ、シャーロット・ルイス、J・L・リアート、チャールズ・ダンス、ビクター・ウォン


ストーリー(Amazon商品紹介より)
 ネパールで千年にひとり生まれると言われる完璧な子ども ”ゴールデン・チャイルド”が、サード率いる
  暗黒教団に誘拐されてしまい、その捜索を、ロスで行方不明の子探し屋を営むチャンドラーが
  引き受ける羽目になってしまった。
 ゴールデン・チャイルドは、汚れたものが身体の中に入るとその神秘の力が失われ、世界が地獄と
  化してしまうという…。
   ゴールデン・チャイルド@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  ( ̄____ ̄) これぇ、、昔、よー地上波で放送してませんでした?? 
              何回も観た覚えあるんですよねぇ。。
              で、久しぶりに観たくなって、、レンタルしちゃいました。。
              50円で。


   で、観た感想ですけど。。

   十分楽しめましたョ。 



   50円にしてはね。 川 ̄∠ ̄川 フフフ


   特殊効果、、CGがね、、、 まぁーチャチイ、ちゃっちい。。  (^^;)
   1986年って、、そんなもん?
   1986年公開の映画って、、他、どんなんあったのか調べてみたら、、こんなん見つけました。


   1986年、アメリカの収益ランキング。。
    1.トップガン $176,786,701
    2.クロコダイル・ダンディー $174,803,506
    3.プラトーン $138,530,565
    4.ベスト・キッド2   $115,103,979
    5.スタートレックⅣ 故郷への長い道 $109,713,132
    6.バック・トゥ・スクール $91,258,000
    7.エイリアン $86,160,248
    8.ゴールデン・チャイルド $79,817,937
    9.殺したい女 $71,624,879
   10.フェリスはある朝突然に $70,136,369


  ちょっとー! 奥さん!! ゴールデン・チャイルド8位にランクインしてますやん!! ( ゚д゚)
   ”フェリスはある朝突然に” より上ですやん!
  好きだったんですよ、、”フェリスはある朝突然に” 。。
  ただ、その内容は、、ほぼ覚えてないですけどね。。 好きだった記憶のみあるんですけど、
   ( ̄_ ̄;) マシュー・ブロデリック主演ですよね。 

  他の映画と比べてCGの出来がどうか、、、
   同年公開の映画のCGの出来を覚えてないので、、、結局、ワカリマセンけど、、(^_^;)
  この映画、、、CGだけじゃないですし、、ちゃっちいの。。
  まーぁ ストーリー(脚本)も、ちゃっちい、ちゃちっちい。。。
  なんだか、、全てが ”子供だまし” な感じがしますね。

  でも、、当時は観てたんですよ。。  TVで放送されるたびに、、観てたんですよ。。
  ”子供だまし” に 騙されてた子供だったんですかねぇ? ( ̄-  ̄ )



  言い出したらキリが無いぐらい色々、、、、あるんですけど・・・
  50円だと思い出した途端、、
  全て許せるんですよねぇ。
  その50円と、上映時間93分を  (`-´メ)  損した! って怒るほどの作品でもないです。


  80年代の音楽や雰囲気を懐かしく楽しめる世代と、、
   ”子供だまし” に騙されるぐらいの子供は、、楽しめるかもしれませんよ。 
  50円ならね。( ̄w ̄) ふふ











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-05-10 00:44 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_2137558.jpg
VIDOCQ

2001/米
 監督:ピトフ
 出演:ジェラール・ドパルデュー、ギヨーム・カネ、イネス・サストレ、アンドレ・デュソリエ

ストーリー(allcinema解説より)
 1830年7月24日、パリ。街には国民的英雄ヴィドックの死を伝える新聞の見出しがあふれていた。
 もとは華麗な大泥棒だったヴィドック。 
 しかし、脱獄を繰り返しているうち、その腕を買われて警察の密偵を仰せつかり、後に世界初の
  私立探偵事務所を設立したパリっ子憧れのヒーロー。
 悲しみに暮れるヴィドックの相棒ニミエの前に現れたエチエンヌと名乗る男。
 彼はヴィドックから伝記執筆の依頼を受けた作家で、一緒にヴィドック謎の死の真相を突き止めようと
  持ちかける。
 さっそく二人はヴィドックが最後に調べていた事件を洗い直すのだったが……。
   ヴィドック@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   死体はどこだ! 離せっ! 死体を確かめさせろ!!


    (━━┳━━゛_゛━━┳━━) って、、オッサンが放り投げたんぢゃん!!


   感想終わり。 ウソ。  も、ちょっと書こう、、、文句を書こう。。 ー ̄) ニヤッ


   正直、、退屈でした。
   主人公がお腹の出まくったオッサン、、ってのも原因かもしれないけど、、、
   とにかく、オッサン率の高い映画で、、
    脂ぎったオッサンのポツポツ鼻のアップや、弛んだ口元のアップは、、、、
   もーー!!

    嫌悪感MAX、、、、、、、  ォエ~ ( ̄┳ ̄|||)・・・・・

   オドロオドロシイ雰囲気に、その気持ち悪いビジュアルをプラスして
    観客の不安感を高める効果を狙ったとか? 
   確かに脂ぎったオッサンのアップは、グロい惨殺死体と戦えるぐらいゾゾゾってなりますね。
   なりません?  (^^;)


   胡散臭い錬金術師が、色んなトリックを使って・・・
    って感じの ”ミステリー” 映画なんだと思ってたら、、、
   思いっきり ”人間の魂を吸い取る鏡” とか出てきて驚きました。。 そっちかぁー ( ̄-  ̄ )
   他は驚くところもなし、、、
   主人公やから、どーせ生きてるやろ。。  って思ってたし、、
   コイツが犯人だろうなぁー。。  ってのも思ってたし、、
   あ、、、
    こんなにお腹が出たオッサンが、そんなに強い設定!??? (¬д¬。) 無理やろ・・
   てのには驚いたかな。。


    (ー`´ー) う~ん。。

   この映画を作りはった人は、、観た人にどーいう感想を持って欲しかったんですかね??
   逆に聞きたいですね。











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-03-01 21:43 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)