ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!

カテゴリ:ホラー( 43 )


b0018641_10333229.jpg

COOTIES

2014/米
 監督:ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン
 出演:イライジャ・ウッド、レイン・ウィルソン、アリソン・ピル、ジャック・マクブレイヤー、リー・ワネル

ストーリー映画.comより
 小説家の夢をあきらめ、母校の小学校の臨時職員として働きはじめたクリント。
 しかし登校初日から、生意気な子どもたちや変わり者ばかりの同僚たちに翻弄されてしまう。
 その日の給食は子どもたちが大好きなチキンナゲットだったが、食べ終えた生徒の様子が
  どこかおかしい。
 やがてその生徒はゾンビとなって周囲の子どもたちを次々と襲撃し、校内は瞬く間にゾンビだらけ
  になってしまう。
 教師たちはすぐに学校を閉鎖し、凶暴なキッズゾンビたちに立ち向かう。
   ゾンビスクール@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   ( ̄  ̄;) コメディー映画だと思って観たら、、結構、、ちゃんとグロかった・・・
         夜中に観るんじゃなかったょー。。


   冒頭、、チキンナゲットの制作工程が映し出されます。
   しっかり、長々と、、映し出されます。
   チキンのブツブツ肌や、切り落とされた首、、絞り出される肉がアップで映し出されます。。
    はーい (lll-д-lll) 当分、、好物のチキンナゲット食べれませーん。。

   観てて、、ちょっと心配になっちゃいました。。
    これって、、(; ̄ー ̄) 誰かに、、怒られへんかったん?   
   って、、
    子供好きな誰かに、、PTA会長的な誰かに、、教育委員会的な誰かに、、
   思いっきり子供(ゾンビだけどね)の頭を消火器でボコボコに殴って倒す、、とか、、
   後半なんか、、
    まとめて焼いてたもんなー 生きたまま (いや、ゾンビだから死んでんだけどね。。)

   殺した教師の目玉で遊んでたり、腸で縄跳びしてたり、、、結構、グロイし、、
   ゾンビになった子供たちは、ちゃんと怖いし、、
   こーゆー映画はあまり好きじゃないんですけどね。。
   なんか観ちゃいました。
   子供たちと戦う、クセの強い教師たちのコメディー部分で、、ちょっと怖さを緩和出来たからかな。。

   まぁー 面白かった。
   と
   オススメする程ではないですが、、面白くなくもない、、です。
   ただ、、観ると、しばらくはチキンナゲット食べれないかも。。 'v' プッ


   最後、、
    用務員のハタチが ”蛙が・・・” とか、一人座り込んで話してるシーンで終わりますが、、
   あの意味が分からないんですけど (―‘`―;)
   ハタチ、、1人取り残されてんの?
   海苔食べてんの?
   あの、”蛙が毛虫を犯したとさ” って、、話は何???








 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪ 





    
[PR]
by ringo-movie | 2017-07-16 10:39 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_08524200.jpg

2014/米
 監督:清水崇
 出演:ライアン・クワンテン、エイミー・スマート、レスリー・ビブ、ジェイミー・チャン

ストーリー映画.comより
 様々な事情を抱えた乗客を乗せ、ロサンゼルスから東京に向かって飛び立った
  ヴィスタ・パシフィック航空のジャンボジェット7500便。
 飛行中、突然の乱気流に襲われて機体が激しく揺さぶられ、乗客は一時パニックに陥る。
 やがて乱気流はおさまるが、今度は乗客のひとりが苦しみだし、血を吐いて絶命。
 それをきっかけに機内では謎の死が相次ぐ。
 怪異現象に襲われながらも飛び続けるしかない7500便の機内は、異様な様相を呈していく。
   (7500@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  最後まで眠くならずに観れた。 
  と いう意味では、、面白かった、、と 言っても過言ではないのかも、、、過言かな?( ̄-  ̄ ) むむ

  最後まで、何が起きてんの? 何の仕業? とか思って観てた。。
  最後のタネあかしで、、そーいうコトか (○ ̄ ~  ̄○;) 、、と 一瞬納得したけど、、
  何が起きたのか、、ってのは分かったとして、、
  分かった上で、、で どーいうコト?? (・・?) って感じ。。

  もう1回観直したら理解できるかな? 
   ( ̄-  ̄ )  次回、、やな。  続けて観る気力(魅力?)ないわ・・・


  中途半端な理解での感想。。
    あんな死に方して、未練もなしにスッと納得して逝ける人って、、、、そんないる?
    もっと沢山の人がウロウロしてそうだよね、本来なら。。
    最初に死んだおじさん。 「飛行機の中でなんか死にたくないよー」 とかゆーてなかった?
    一番死にきれなさそうな人だけど、、、
     一番に死んだよね、で、、幽霊チックになってたけど、、、、、、、、、、、、、
    どーいうコト?

    もう死んでんのに、、自分も幽霊なのに、、幽霊を怖がらないとアカンって、、、(―‘`―;)

    死神は、、、、、なんか仕事してたん?
    最後まで、未練解消して逝くことが出来なかった人を強制連行的な?
    だったら、最初からそれでエエやん。 
    とか、ゆーコトじゃないの?

   次回、観直した時に、これらの疑問が全部解消されたらいいけどねー。。








 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪ 






    
[PR]
by ringo-movie | 2017-06-20 08:57 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_19120523.jpg
THE FRIGHTENERS

1996/米・ニュージーランド
 監督:ピーター・ジャクソン
 出演:マイケル・J・フォックス、トリニ・アルヴァラード、ピーター・ドブソン、ジョン・アスティン

ストーリー(allcinema解説より)
 妻を交通事故で失ったフランクは、なぜか幽霊と話せるようになっていた。
 彼はその能力を使い、知り合いになった三人の幽霊たちとインチキ悪霊払いを始める。
 やがて女医ルーシーと親しくなったフランクだが、ある日、彼女の額に数字が浮かび上がった。
 それが死の刻印だと知っていた彼は、三人の幽霊たちと共に死神と争う事になるのだが……。
   さまよう魂たち@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。







  これ、、カテゴリーに ”コメディ” とか分類してあるけど、、
  私的には全然、、コメディ感なし。 (;´∀`)

  怖い映画でした。。

  幽霊とかじゃなくって、、、殺人鬼の・・・
   ( ̄-  ̄ ) ンー 理解出来ない殺人への欲求、、、、ってゆーのかな。。
  この年になるとね、、幽霊じゃなんじゃ、より、、狂った人間の方が怖いんだよねー。。

  コメディ部分? の ジム・キャリーっぽいFBI捜査官も、、、歪んだ宗教心で狂ってる感じが、、
  ダビンチコードの白い人(←わかる? (; ̄ー ̄) ) みたいで、、
  怖いし。。
  さらに、、ウザイし。。

  クスッと笑える感じもないのに、、”コメディー要素入れてます” な トコが、
  正直、、邪魔だったかなぁ。。
  完璧にホラーにしてしまうか、、
  ちゃんとしたコメディーにしてくれた方が、、観やすかったですね。 私は。。 (;´^д^`)








 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪







     
[PR]
by ringo-movie | 2017-05-05 19:15 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_12263552.jpg
The Sixth Sense

1999/米
 監督:M・ナイト・ シャマラン
 出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント、ブルース・ウィリス、トニ・コレット、オリヴィア・ウリイアムズ

ストーリー(allcinema解説より)
 高名な精神科医のマルコムは、かつて担当していた患者の凶弾に倒れてしまう。
 リハビリを果たした彼は、複雑な症状を抱えた少年・コールの治療に取り掛かる事に。
 コールは常人には無い特殊な “第6感”、 死者を見る事ができる能力を持っていた。
 コールを治療しながら、彼によって自らの心も癒されていくマルコム。
 そして彼には予想も付かない真実が待ち受けていた・・・。
   シックス・センス@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





 久しぶりに、、何回目かの鑑賞。。
 ストーリーもオチも全部覚えてましたけど、、、それでも泣いちまいました。。

 コールがマルコムに初めて秘密を打ち明けるシーン、、涙でウルウルした瞳で
  「眠るまで側にいてくれる?」 なんて見つめられたら、、、
 全力で守ってあげたくなっちゃいますよねー。。 

 息子の秘密を知らず悩むお母さんの苦しみも痛いほど伝わってきますし、、

 だから、、最後、、母親に秘密を打ち明け二人で抱き合うシーン、、もう号泣ですよ (T m T)

 初めて観た時は、、最後の最後、種明かしされる瞬間まで分からなかったんですよねー、私。。
 だから、本当に衝撃やったんを覚えてます。。
 それ以降の映画で、、そこまで驚かされたの、、あるかなー? ( ̄-  ̄ )
 秘密を知ってからの2回目の鑑賞も面白かったんですよね。。
   ホンマや!Σ( ̄⊥ ̄lll)  そー言われれば! 
 の連続で。。。


 また数年後、、10数年後、、、、観て (*'v'*) やっぱり面白いわー ゆーてると思いますね。。









 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪





     
[PR]
by ringo-movie | 2017-02-09 12:29 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_1632082.jpg

DAWN OF THE DEAD

2004/米
 監督:ザック・スナイダー
 出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、ジェイク・ウェバー、メキー・ファイファー、タイ・バレール

ストーリー(allcinema解説より)
 米ワシントン州エベレット。 看護婦のアナは、この日もいつものように仕事を終えると愛する夫ルイスと
  暮らす自宅へ帰り、一日を終えた。
 翌朝、彼女たちの寝室のドアが外側から静かに開けられる。
 ドアの向こう側には、隣家の8歳の少女ヴィヴィアンが佇んでいた。
 少女はルイスが異変に気づく間もなく、人間離れしたスピードで襲い掛かってきた。
 そしてルイスは絶命してしまう。 
  が、間もなくルイスは息を吹き返し、今度は彼がアナに向かって襲い掛かってくるのだった。
 何も分からないまま、とにかく必死で屋外へと逃げ出したアナだったが…。
   ドーン・オブ・ザ・デッド@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  怖くはないけど、、 (。・´_`・。)  気持ちわりぃー ね。。

  ショッピングモール、、籠城するには、食料も一杯あるし良さそうだけど、、、
  入口多いよねー。 結構、、ガラス張りだったりするし、、、
   どこからでもゾンビ軍団入って来れそうなんだけど、、そうでもないのかな?
  トライした事がないから分からないけど、、
   あのガラス張りは、、割れないのかな? 強化ガラスかな?

   (」〃>Д<)」 ゾンビが出たらショッピングモールに行かなきゃかなーー!?

  もー 本当にねー この窮地に、、人間同士の争いとか、、まだやるかー!? (`-´メ)
  と、、思うんですよ。
  こんなん? (´△`) 人間ってこんなん? 窮地だからこそ、、更に、、の こんなん?
  なんかゆーと、それにカコツケテすぐに暴動、略奪とかしちゃうアメリカだからこそ、、なんですかね?
  勝手な行動も多いしねー。。

  そんなんに、ちょいイライラしながら観てたので、、余計に怖さが薄れて・・・
  私的には良かったです。
  あんまり、、怖すぎるのは よー 観んし。。 ( ̄w ̄)ふふっ

  怖いくせに、、時々、観たくなるゾンビ映画。。
  免疫付けといたり、、対処法とか学んどかないといけないしね、、、イザって時のために。。
   ホンマにゾンビが出てくるような、、(lll´`) イザとか、、、怖いわぁー


  なんか、、救いのない終わり方でしたけど、、、
  確かに、、
   トラックに負けず劣らずで走れるような運動神経に、、、
   犬が入った扉、、”おや?自分も入れるかもしれない” って考えられるぐらいの知能を持ったゾンビ、、
  に  
   勝てる気なんかしないよねー  ┐(´~`;)┌ 









 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-24 16:37 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_15561627.jpg
DELIVER US FROM EVIL

2014/米
 監督:スコット・デリクソン
 出演:エリック・バナ、エドガー・ラミレス、オリビア・マン、クリス・コイ、ドリアン・ミシック、ショーン・ハリス

ストーリー映画.comより
 ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキは、動物園で子どもをライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕するが、
  女は何かにとり憑かれたように震えていた。
 また、別の夜に逮捕した、妻に暴力をふるった男も同じ様子で、ラルフは全く別のこれらの事件を通じて、
  自分にしか見聞きできない何かの存在を感じとる。
 ジョー・メンドーサ神父からは、霊を感じる能力を捜査に生かすべきだと助言されるが、ラルフ自身は
  悪霊や霊感といったものを信じ切れない。
 しかし、それぞれの事件現場に残された「INVOCAMUS」という謎の言葉を見つけたラルフは、
  より一層、悪霊の存在を強く感じるようになる。
   NY心霊捜査官@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   、、(lll´`) 気持ち悪いぃぃ~


  主人公がビデオを見ながら 「今の聞こえたか?」 とか、他の人には聞こえないノイズを聞いてる時、
  我家の上階ではリフォーム中かな??
   カリカリ、、、ザワザワ、、、シュリシュリ、、、って ノイズが、、 やたらとノイズが、、

   (;´д` ) なによ、、この臨場感・・・・

  その上、、どこからか聞こえてくる 
   ♪猫ふんじゃった 猫ふんじゃった 猫ふんじゃふんじゃふんじゃったー♪
  の ピアノのメロディー、、
  この部分だけ繰り返し、、最後の ”た” だけ、、悲しげに音程が違ってるのも、、、

   (;´д` ) 気持ちわりぃ~ よ、、、


  エンドロールで、
   ”この事件後、サーキ刑事は退職して神父と一緒に悪魔祓い” 的なテロップが出ましたけど、、
  何? ( ̄_ ̄;) 何? 実話なん?
  と 思って調べたら、、
   ”本当にあった事件にインスパイアされて作られた映画”

    (ー`´ー) インスパイアか、、、


  最後、、取調室のマジックミラーの後ろで見てた同僚に悪魔が憑りついて・・・
  って流れかと思ったら、、何もありませんでしたね。。 ('ェ')おや?
  って、、 よー考えたら、、
   彼でもいてなかったら、、刑事と神父による ”暴行” としか思われませんよね。
  証人用ですね。。


  あまり悪魔とか、神様とか、、身近にない生活をしているので、、”怖さ” は感じなかったですね。。
  気持ちは悪かったですけどね。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-08 15:59 | ホラー | Trackback | Comments(0)
b0018641_2334102.jpg
I AM LEGEND

2007/米
 監督:フランシス・ローレンス
 出演:ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ、ダッシュ・ミホック

ストーリー(allcinema解説より) 
 2012年、ニューヨーク。
 科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは
  全世界で、ただひとり生き残った男。
 彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに
  畑を作って生き延びる日々。
 そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが
  出来ずにいた。
 それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバート
  だったが…。
   アイ・アム・レジェンド@ぴあ映画生活




  WARNING
    おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  あー 胃が痛い、、緊張感で胃が痛い・・・ (;´д` )

  前に1度観たことがあるので、、
   なかなか出て来ないけど実はゾンビ映画だとか (これ、1回目観た時はかなり驚いたのよねー)
  相棒のシェパード(サム)も、後、感染して、、主人公自ら・・・
  とか、、、
   おぼろげに記憶があるだけに、、、
   そろそろかな? (;´д` ) そろそろ出てくるかなゾンビ、、そろそろサム、、感染しちゃうかな、、
  って、、
   前半、ずっとドキドキしてました。 胃が痛いです。。 (Θ_Θ;) 

  1回目鑑賞時は、予想外のゾンビ映画(本当はゾンビって言うより、”感染者”なんですけどね)に
  ただ、ただ驚いて、、予想外だっただけに、余計に怖かった記憶しかないんですが、、
  今回、2回目鑑賞、、
   ちょっと疑問が・・・ (ー`´ー)う~む。。

  ゾンビ(感染者)は、すっかり人間性とか、知性とか失った、、って主人公は言ってますが、、
  ゾンビ集団の中にはボス的な存在がいて、、”集団行動” が出来てる感じですよね。
  それに、、主人公がハマった罠。。
  あれは、、ゾンビが仕掛けたんでしょうか?
   もし、、そうだったら、、しっかりとかなりの知性を持ってるって事になりますよね。。
  主人公の家を襲撃したのも、、主人公らを食うためじゃなく、、
   主人公が捕まえたゾンビの女を取り戻すため、、とかだったら、、
  おやおやっ、、、 (ー`´ー)
   主人公が頑固にNYに残らずに、さっさとどこかへ避難してたら、、
   NYにいるゾンビ達は、それなりに集団生活しながら機嫌よー暮らしてたんですかね?

  ちなみに、、、
   ゾンビ達って、、共食いはしないんですよね?
   じゃあ、、人間を食べ尽くしてしまったら、、どうなるんですかね? ( ̄-  ̄ )


  2回目なのに、、2回目だから、、かな? 
  途中で観るのをやめようかと思うぐらい、、ドキドキしました。
  ゾンビも怖いけど、、
   たった一人(一匹)の話し相手まで失う、、とか、、世界に一人ぼっち? とか、、
  そうゆー 状況も、、怖かったです。。

  この手の映画を観るたびに思うんですけど、、
   私 ( ̄^ ̄) 私っ! ゾンビに食べられる恐怖を抱えながら生きていくぐらいなら、、、
                さっさと感染して、、食べる方にまわりたいです!



  そう、、思いません? (^_^;)











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2016-04-01 23:38 | ホラー | Trackback | Comments(0)
b0018641_21175835.jpg
Zombieland


2009/米
 監督:ルーベン・フレッシャー
 出演:ウッディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン

ストーリー映画.comより
 新型ウィルスの感染拡大により、人類の大半がゾンビと化してしまった世界。
 引きこもりの青年コロンバスは、”生き残るための32のルール”を作り、それを実践して生き延びていた。
 そんな中、コロンバスは最強のゾンビハンター・タラハシーや、美少女詐欺師姉妹ウィチタとリトルロックに
  出会い、ゾンビのいない夢の遊園地を目指すが……。
   ゾンビランド@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。








   アメリカでの興行収入が歴代ゾンビ映画で、、、1位? 


    ( ̄____ ̄) ん~っっっ


   グロい映画が苦手な私には、、 ”観れるゾンビ映画” でしたけど、、
   そこまで、、 1位、、とか言われたら ( ̄____ ̄)う~ん なぜ?? ってなるかなぁ~。。
   残念ながら。。

   グロい映画が苦手、、、なので、もっとコメディしてた方が私好みだったかも。。
   ビル・マーレーが出てる辺りの感じとかは好き。
   ただ、、、私、、”コメディ” を意識し過ぎてて、
    タラハシー(ウッディ・ハレルソン)の言うバックが本当は犬じゃなくて・・・
   のクダリには、、不意打ちくらった感じでグッときましたね。
   危うく (´_`。) ホロリでしたわ。

   続編が出たら、、是非とも観たいですけど。。
   流れたのかな? 続編の話は流れたのかな??



   これだけゾンビの国になってたら、、、
    その中で生きていくのは怖すぎるよね。
   だったら、、ゾンビになっちゃおー!!
   噛まれるのは怖いし、痛いし、、相手が空腹のゾンビだったら完食されちゃうかもしれないし、、
   とりあえず、1ゾンビ倒して、、その血を舐めるとか、、
   どう?
    それで感染してゾンビになれるよね?
   ゾンビって殺されない限り死なないよね?
   だったら、、、
    ゾンビもそのうち、、、、進化して、、、社会性とか身につけて、、、とか、、、
   ならない?

   ゾンビど素人の素朴な感想でした。 (*'v'*)えへ。











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-06-01 21:23 | ホラー | Trackback | Comments(0)
b0018641_14214735.jpg
VANISHING ON 7TH STREET


2010/米
 監督:ブラッド・アンダーソン
 出演:ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン、ジョン・レグイザモ、ジェイコブ・ラティモア

ストーリー映画.comより
 ある晩、突然の停電とともに地球上の人々がナゾの消失を遂げた。
 電力が復旧しないまま、やみに包まれた夜の時間だけがどんどん長くなっていく。
 発電機によりかろうじて明かりの灯ったバーに、偶然にも消失を免れた4人の男女がたどり着く。
 彼らはやみの恐怖に怯えながらも、人類消失のナゾに迫る。
   リセット@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  劇中映画のコトを 
   ”アダム・サンドラーの珍騒動 ありきたりで先が読める・・・” って言わしてたけど、、
  私が彼で、彼女にこの映画のコトを聞かれたら、、

  ”ヘイデン・クリステンセンが出てる辛気臭い映画、、
    面白くないけど、、どう映画を終わらせる気なのか、そもそも何のジャンルなのか分からんから、、
    結末が気になって観ちゃうわー””

  て ゆーかな。

  最初、、宇宙人の侵略ものかなって思ったけど、、、違ったね。。
  映写技師が、、何かを匂わす感じの、、トンネルに入っていって襲われたのに、
   彼の衣服がそのままビリヤード台に残ってたあたりから、、 宗教、、臭が濃くなってきたよねぇ。
  たった1台動いたトラックの荷台に積まれてたのが大量のリンゴ、、って、、 (^^;)

  結局、、邦題の ”リセット” が全てを語ってるよね。
  そこまでタイトルで語っていいのかね? ってぐらい語ってるよね。。

  主人公・ヘイデン・クリステンセンの名前がルーク、、とか、
   赤ちゃんを必死で探してる女性の名前がローズマリー、、とか、、
  ”ありきたりで先が読める 低俗な映画” なんてセリフ、、とか、
  まず、映画館で低俗な映画を観て笑ってた人達が消える、、とか、、
   (ー`´ー) 最近の映画状況について何か言いたいことでも?? って気もするけど、、
  ま、そんなんどーでもいいや。。

  ただ、、これが ”神様によるリセット” の話だとしたら、、、、

    ( ̄▼ ̄|||)  神様って、、、怖過ぎ、、S過ぎ、、(2人を残しての)人類滅亡を楽しみ過ぎ、、

  だよね。。

  2人以外、、みんなパッと消してあげてよー って思うよね。
  手術中、医者や看護婦を全部消して、お腹を開かれた状態の患者だけ残すとか、、
  一回襲われて、助かった~ と思わせて、、、ウッソーん♪ って消すとか、、
  大切な赤ちゃんの泣き声で誘い出しといて、、やっぱり赤ちゃんいない! ガーン、、からの消去とか、、
  楽しんでる以外の何でもないよね。。
  酷いヤツだわ。。
  そんな神様イヤだわー。。


  どこかの星の宇宙人が、、蟻の巣観察セットみたいな感じで、地球人観察セットを作ってて、、
  とりあえず、環境を整えて地球人の繁殖にも成功したけど、、
   観察セットの規模に対して、あまりにも地球人が増えたのと、
  それが原因で観察セットから悪臭もしてきたりして、、ちょっとイヤんなったので、、、
  セットごと捨てようかな、とも、、思ったけど、、
  たった2人からどんどん増殖していく地球人を見てるのも楽しかったので、、、
  一回、初期設定に戻して、、、やり直し。

  の 方がいいよね、、神様の仕業、、よりいいよね。 ( ̄_ ̄;)



  ところで、、アダム・サンドラーは怒らへんの? 低俗映画、、とか言われて怒らへんの?
  ま、、、、この映画が散々だったみたいだから、、逆に笑ってるかな? ( ̄w ̄) ぷ



  感想まとめ: 誰もいてないねんから、、1回、そこら辺の家にでも火をつけてみたら?
           ヘイデン・クリステンセンは、、やっぱり悪者顔だよねー。









 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-02-26 14:33 | ホラー | Trackback | Comments(0)
b0018641_14292066.jpg
THE EXORCISM OF EMILY ROSE


2005/米
 監督:スコット・デリクソン
 出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター、キャンベル・スコット

ストーリー(allcinema解説より)
 ある日、神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、
  死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。
 彼の弁護には、野心的な女性弁護士エリンがあたることに。
 エミリーは精神病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する検事側に対し、エリンはムーアの
  真摯な主張をもとに悪魔の存在を証明していく――。
 ある深夜3時、大学寮で寝ていたエミリーは焦げ臭いにおいで目を覚ました途端、原因不明の痙攣や
  幻覚に見舞われる。
 以来、症状が悪化し、病院でも改善が見られない彼女は自宅で療養する。
 やがて、自分の中に何かが取り憑いていると確信したエミリーは、ムーアに全てを託す。
 だが、彼の懸命な悪魔祓いも空しく、エミリーは無惨な姿で命を落としてしまう…。
   エミリー・ローズ@ぴあ映画生活





  WARNING
    おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   あまり怖くなかったですね。。
   おもいっきりホラーだと思ってたので、途中まで、、
     (°.°;) いつくる? いつくる? きっとくる?
   なんて、、ドロドロのホラーシーンがいつ始まるのか、、ドキドキしてたんですけどね。。

   主人公の女性が、、女性の顔が、、怖いぐらいですね。。 (^_^;)

   ”実話を基に” って最初に出てくるので、、観てるコチラも 
     (ー`´ー) フザケたらアカンかね、バチ当たるかね?  なんて、、、
   ちょっと緊張感あったんですけど、、、
   そもそも、悪魔は ”バチ” を当てるんですかね? ”バチ” を当てるのは、、神様でしたっけ?

   神様とか、マリア様とか、、、馴染みがないもので、、、
   もちろん悪魔とも、、、
   そこらヘンも、あまり恐怖を感じなかった理由でしょうねぇ。。

   ”悪魔” より ”幽霊” の方が怖いし、、、
     大人になってからは、 ”幽霊” より ”イカレた人間” の方が怖いですもんね。。 (Θ_Θ;) 

   そんな感じで、、ホラーを観たい人には、物足りないかもしれませんね。

   ただ、、法廷ドラマとしては面白かったです。
   一体、どういう判決が下されるのか、、最後までドキドキでした。。
   もし自分が陪審員の1人だったら、、有罪か無罪か、、悩みながら観てました。 (*'v'*)

   結果は、、とても美しい、と言うか、まあるく収まった、と言うか、出来過ぎ? てな感じの
   判決でしたけど、、
   ま、それは、それで、、、映画ですからねー。。

   って、、
    あれ? この映画、、 ”事実を基に” って言ってましたよね?
   この判決も事実を基にしてあるんですかね? ('ェ')



   ところで、、、悪魔は、、、、虫を食べるんですね。。 ( ̄____ ̄)











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2014-08-08 14:36 | ホラー | Trackback | Comments(0)