ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!


b0018641_09275421.jpg

Chappie

2015/米
 監督:ニール・ブロムカンプ
 出演:シャルト・コプリー、デブ・パテル、ニンジャ、ヨーランディ・ビッサー、ホセ・パブロ・カンティージョ、
     ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバー

ストーリー(Yahoo!映画より)
 2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる
  人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。
 しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐
  されてしまう。
 起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから
  生き抜くためのスキルを学んでいく。
 圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく……。
   チャッピー@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





 観る前は、、、、

  研究の結果、人工知能を持つようになったロボットを愛情を込めて育てるヒュー・ジャックマン。
  しかし、幸せな日々は続かず、、
  ロボットを狙う組織から彼を守るため、戦う。。

 的な、、、話を想像してたんですけどね。。
 まぁー ( ゚д゚) 全然違いましたね。。

 何が違うって、、ヒュー・ジャックマン、、ゲスかったですねー。 やる事が、、ゲス過ぎですよね。。

 私的には、この映画、、、”ちょっと過ぎる” 、、が過ぎる感じでした。
  チャッピーは、純真というか子供、子供し過ぎる。 可愛いを超えてバカっぽ過ぎる。。
  街の悪者が、ワル過ぎる。 不良少年すら、やる事が酷過ぎる。。
  一流企業で働いてて、警察ロボとか作った人なのに、、セキュリティーが甘過ぎる。。
  チャッピーの創造主も、悪役ヒューも、自己ちゅー過ぎる。
  ニンジャが急にエエ人になり過ぎる。。
 とか、、、
 ま、一番は、、
  最後、、丸く収まった感、を出し過ぎる、、、かもしれませんけどね。。

 観てて、、
  ディオン、、、それでエエんか? ロボットなって生き続けたかったんか? 
  病院に連れて行ってもらった方が良かったんちゃうんか?
 って、、、なんかモヤモヤしたんですけどねー 私は。。

 ヨーランディの生きていた時に取り出した中途半端な記憶を入れられたロボットが、、
 元々のヨーランディの乱暴な性格もあって、、暴れまくる、、って2作目、、想像しちゃいました。。


 チャッピーのおウチ。
 ニンジャやヨーランディのアジトに書かれてた落書きが可愛いですよねー。
 あのグッズが出たら、チャッピーのグッズじゃないですよ、落書きのグッズ、、、
 私、欲しいです。。 (*'v'*)








 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






   

[PR]
# by ringo-movie | 2017-02-09 09:33 | SF | Trackback | Comments(0)


b0018641_14494333.jpg

ANGELS&DEMONS

2009/米
 監督:ロン・ハワード
 出演: トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド

ストーリー(allcinema解説より)
 ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係
  だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。
 秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。
 それはかつてガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅した
  ものと思われていた。
 しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていたコンクラーベに乗じて
  ついに復活を果たしたのだ。
 彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上ヴァチカン全体を爆破
  する計画まで進めていた。
 そのためにスイスのCERN(欧州原子核研究機構)から恐るべき破壊力を秘めた ”反物質” をも
  盗み出していた。
 そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して事件解決に乗り出すが…。

 「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る ”ロバート・ラングドン” 
  シリーズ第2弾。
   天使と悪魔@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。







 歴史も宗教にも疎いですが、、だから逆に、、か 面白かったです。。
 そんなんアリエヘン、、的な雑音も無いままスンナリ物語に入っていけました。。

 ところで、、
  秘密結社やら、科学と教会との闘いやら、謎めいた暗号やら、
 どこまでが本当の話で、どこからフィクションなんですかねー ( ̄-  ̄ )
 天使や、天使の矢が指す方向へ進んで行くと、、本当に何かあるんじゃないか? 
 って、、思っちゃうぐらい全てがリアルなんですよねー。。
 あの、、天使の像は、、そもそも本当にあるもんなんですかね?

 1作目は (´△`) ちょっと難しい、、、話についてけない・・・
  感じでしたが、こちらは、、ハラハラ・ドキドキ楽しめる、、優しい娯楽作品になってました。。
 面白かったです。。
 3作目、”インフェルノ” も楽しみです。。 ( ´∀` )


※ 忘れてましたが、前にも感想書いてました。 ( ̄ー ̄)  1回目の感想。。











 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪





     

[PR]
# by ringo-movie | 2017-02-08 14:55 | サスペンス | Trackback | Comments(0)

b0018641_21285723.jpg

JUST MY LUCK

2006/米
 監督:ドナルド・ペトリ
 出演:リンジー・ローハン、クリス・パイン、フェイゾン・ラヴ、サミーラ・アームストロング、ブリー・ターナー

ストーリー(allcinema解説より)
 あらゆることに幸運が巡ってくるアシュレーは仕事もプライベートも順調。
 一方、ツキに見放されているジェイクは何をやっても災難続きだった。
 そんな彼らはある日、仮面パーティーで出逢い、キスを交わす。
 すると、その直後からそれぞれの運命が入れ替わり、アシュレーは会社をクビに、逆にジェイクは
  音楽プロデューサーとして成功するのだった。
 やがて、再び同じ男性とキスをすれば運を取り戻せると知ったアシュレーは、その相手がジェイク
  だと分かり、強引にキスして幸運を呼び戻すのだが…。
   ラッキー・ガール@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  リンジー・ローハンの映画って、、観たことなかったんですよね。。
   ”お騒がせセレブ” ってコトで名前だけは知ってた女優さんだったんですけど、、、
  可愛いじゃないですか! ('ー'*)
  仕草もとってもキュートで、、
   メグ・ライアンや、サンドラ・ブロック的な路線でガンガン行きそうですけどねー。。
  って、、これ 2006年の映画なので、、、
  今、ガンガン来てないってコトは、、、”お騒がせ” メインな人生を歩んぢゃったんですかね。。
  モッタイナイねー。。

  クリス・パインの若かりし頃の可愛い姿を見たいだけ、、で、、選んだ映画だったんですけど、、
  予想外に面白かったです。
  キスで幸運と悪運が入れ替わるなんて、、なんともファンタジーな設定ですが、、
  主演の2人が可愛いからですかね、、微笑ましく観れちゃいますね。。

  ”悪運” ターンになった時の2人が、それほど悲惨じゃない、、、のも いいですね。

  ま、、、
   ”悪運” ターン ゆーても、、
   ちゃんと仕事がある、とか、、失敗しても、ヤレヤレ、で許してもらえて、すぐクビになるワケでもない
   とか、、、
   ピンチの時に、家に泊めてくれる優しい友達がいる、、とか、、
   その友達の家をガチャガチャにしても許してもらえるぐらい、、、いい友達、、がいる、、とか、、
  の時点で、、
   ”悪運” ターン かどうか、、(ー`´ー) ??? ですけどね。。

  最近、、、、(lll´`) なんかついてないなー、、なんて時に、また観てみようかなぁ。。
  少々の悪運? は 笑い飛ばしてヤレ! ( ̄^ ̄) 負けんゾ!
  って 気持ちになるかなー。。

  最悪についてない、、(;´д` ) もう、、生きてるのが辛い・・・

  なんて時は、、、、
   観ない方がいいかも、、
     (━━┳━━゛_゛━━┳━━) こんな、ふざけた夢物語、、片腹痛いわ!

  って 腹立ちそう、、私はね。。


  この映画で、リンジー・ローハン
    2006年度のラジー賞主演女優賞にノミネート
  だって、、そんなに酷くないのにね。。 可愛いのにねー。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







 
[PR]
# by ringo-movie | 2016-10-25 21:35 | ラブロマンス | Trackback | Comments(0)

b0018641_18185266.jpg
Gone Girl

2014/米
 監督:デビッド・フィンチャー
 出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズト

ストーリー(allcinema解説より)
 ミズーリ州の田舎町。結婚して5年目になるニックとエイミーは、誰もが羨む理想のカップルだった。
 ところが結婚記念日に、エイミーは突然姿を消してしまう。
 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明する。
 警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。
 美しい人妻の謎めいた失踪事件は茶の間の注目を集め、小さな町に全米中からマスコミが殺到する。
 すると、次第にニックの不可解な言動が明るみとなり、いつしか疑惑と批判の矢面に立たされていく
  ニックだったが…。
   ゴーン・ガール@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。







  久しぶりに映画を観た。
  ら、、
   (*'v'*) メチャ面白かったです。 
          どういう結末になるのか最後までハラハラ・ドキドキでした。。



  ベン・アフレック主演、、ってコトで、、、期待してなかったんですけどね。。
  あまり賢くなく、女に節操がない、、ハンサムなダンナ、、役がピッタリでしたね。。

  最初から、妻の狂言誘拐? 狂言殺人? だろうな、、とは 思って観てたんですけど、、、
  女に節操ない、DV夫から逃げ出すための狂言、、、
  なんて可愛いもんじゃなかったですね。
  映画の終盤でよー見る、、ドンデン返し、、な展開が、映画の中盤にあって、、、驚きました。。

  前半、、
   妻は殺されたのか、殺されたのなら誰に殺されたのか、、、
  ってゆー サスペンス映画、、から始まり
  中盤、、
   妻の、巧妙で恐ろしい計画が分かって ホラー? スリラー? 映画に変わり、、、
  終盤、、
   目的、理想、のためなら殺人も平気、、な妻と、それを分かっていながら一つ屋根の下に暮らす夫、
   の 人間ドラマに変わった、、、
  感じですかね。。

  飽きる間無し!  でした。。

  ロザムンド・パイク、、恐ろしい妻役、、素晴らしかったですね。 
  ほんと、、、、(lll´`) 怖かったです。。

  この妻、、元々、
   以前にも自分を振ろうとした男をレイプ犯に仕立て上げ、破滅させるようなサイコ・ガールなんですけど、
  夫が小娘と浮気、、とかしてなかったら、、ここまで悪女にならずに済んだかもしれませんよねー。
  だって、、
   この、夫を殺人犯に仕立て上げ、死刑に! 計画の最後には、
      ”kill self?” もあったんですよ、、
  自分の命を犠牲にしてまでも、ダンナに復讐したい、、、なんて、、
  それほど浮気に傷ついたって、、コトじゃないんですかねー?
  違うんですかね? プライド? だから ”kill self” じゃなく ”kill self?”
  自分の理想とかけ離れた人生を送るぐらいなら、、その原因となった夫を死刑にするため
   自分の命さえ・・・
  的な??


  もう一度、観直したくなりました。。


  ところで、、ホラーとスリラーって、、どー違うんですかね?
   ホラーは、オバケ出てくるヤツで、、
   スリラーはオバケ無しで怖いヤツ? 精神的にジリジリ追いつめていくような・・ 違う?

  ホラーかスリラーか分かりませんけど ( ̄_ ̄;)
  私が、この映画で一番怖かったのは、、、、

   一緒に遊びに行くぐらい、一緒にTVを見るぐらい、、仲良くなった隣人が、、
    お金を持ってると知った途端、襲いにくる。。
  
  トコですかねー。。  ( ̄▼ ̄|||) そんな世界が・・?










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
# by ringo-movie | 2016-10-24 18:25 | サスペンス | Trackback | Comments(0)

b0018641_2103590.jpg

Repeaters

2010/カナダ
 監督:カール・ペッサイ
 出演:ダスティン・ミリガン、アマンダ・クルー、リチャード・デクラーク、タマラ・ドネラン


ストーリー(Amazon商品紹介より)
 薬物リハビリ施設に入所している3人の若者たち。
 施設から1日の退院を許され、家族の元に戻る。
 3人とも家庭での問題を抱え、それぞれが和解が課題なのだ。
 各自戻るべき場所へ向かうのだが、3人が翌朝目覚めたら、なんと前日と同じ日だった。
 最初は同じ毎日をいたずらに過ごす3人・・・。
 しかし悲惨な出来事や状況までもが繰り返されるということを理解した瞬間、この時間迷路に翻弄され、
  暴走し始めるのだった…





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  メイン2人は、クリス・エヴァンスとジェニファー・ラブ・ヒューイットに激似!  Σ(`Д´ ) 
  と 思ったのは私だけ?



  ループする時間の中に閉じ込められた3人。
  暴走し出した1人の男を止めようと、もう1人の男は殴って、、椅子に縛りつけて・・・
  って、、
   Σ( ̄⊥ ̄lll)  そんな事したら、、次の朝には仕返しされるやん!
  と 思って観てたら案の定。。

  なぜ3人にだけ時間のループが起こったのか、、
  同じ日を繰り返してたはずなのに、突然、それまで無かった ”雪” が降り出した
   それは、ループが終わったというコトなのか、、、
  最後、、暴走男が目覚める。
  また同じ日を繰り返すのか、それは彼だけなのか、それとも3人ともなのか、、、

  そこら辺は、すべて謎のまま終わってました。
  ご想像に任せします。  形式?

  眠くなるほど退屈な映画では無かったので、最後まで観ました。
  そう目新しくもない ”ループする時間” の オチをどうつけるのか、、それが見たかったから、、
   でもあるんですが。。

  んー。。

   ( ̄____ ̄) どうしよう、、、別に感想無し。 ですわ。。









 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
# by ringo-movie | 2016-10-09 21:03 | SF | Trackback | Comments(0)