ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!


b0018641_19120523.jpg
THE FRIGHTENERS

1996/米・ニュージーランド
 監督:ピーター・ジャクソン
 出演:マイケル・J・フォックス、トリニ・アルヴァラード、ピーター・ドブソン、ジョン・アスティン

ストーリー(allcinema解説より)
 妻を交通事故で失ったフランクは、なぜか幽霊と話せるようになっていた。
 彼はその能力を使い、知り合いになった三人の幽霊たちとインチキ悪霊払いを始める。
 やがて女医ルーシーと親しくなったフランクだが、ある日、彼女の額に数字が浮かび上がった。
 それが死の刻印だと知っていた彼は、三人の幽霊たちと共に死神と争う事になるのだが……。
   さまよう魂たち@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。







  これ、、カテゴリーに ”コメディ” とか分類してあるけど、、
  私的には全然、、コメディ感なし。 (;´∀`)

  怖い映画でした。。

  幽霊とかじゃなくって、、、殺人鬼の・・・
   ( ̄-  ̄ ) ンー 理解出来ない殺人への欲求、、、、ってゆーのかな。。
  この年になるとね、、幽霊じゃなんじゃ、より、、狂った人間の方が怖いんだよねー。。

  コメディ部分? の ジム・キャリーっぽいFBI捜査官も、、、歪んだ宗教心で狂ってる感じが、、
  ダビンチコードの白い人(←わかる? (; ̄ー ̄) ) みたいで、、
  怖いし。。
  さらに、、ウザイし。。

  クスッと笑える感じもないのに、、”コメディー要素入れてます” な トコが、
  正直、、邪魔だったかなぁ。。
  完璧にホラーにしてしまうか、、
  ちゃんとしたコメディーにしてくれた方が、、観やすかったですね。 私は。。 (;´^д^`)








 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪







     
[PR]
# by ringo-movie | 2017-05-05 19:15 | ホラー | Trackback | Comments(0)

b0018641_14292861.jpg

VANILLA SKY

2001/米
 監督:キャメロン・クロウ
 出演:トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、カート・ラッセル、ジェイソン・リー

ストーリー(allcinema解説より)
 マンハッタンの豪邸に住み、高級車を乗り回し、おまけにハンサム。
 完璧な人生を謳歌する出版界の若き実力者デヴィッド・エイムス。
 ジュリーという美しい恋人もいて、何不自由ないはずが、どこか物足りなさを感じていた。
 そんなある日、デヴィッドは親友の恋人ソフィアに一目惚れしてしまう。
 しかし、デヴィッドの心変わりを敏感に察したジュリーは、嫉妬に駆られて自ら運転する車でデヴィッドと
  ともに崖に突っ込んでしまう。
 奇跡的に一命を取りとめたデヴィッドだったが、
  その顔は怪我のために見るも無惨に変わり果ててしまう……。
   バニラスカイ@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  もうずっと昔、、に観た時には
    ( ̄-  ̄ ) ンー なんかワケわからん、、
  と 思った記憶があったんだけど・・・

  なんでだろ? 別に難しい映画じゃないですよね。。
  観ている途中は、、 
    ( ̄□ ̄;) どっち? どっちの女がどっち?  とか
           これは、、夢? それとも??
  と 思うトコロは多々ありましたけど、、最後、、ちゃんと説明してくれてますよね。。


  で、、最後、、、本当に現実に戻ったんですかねー。。
  冷凍保存に入ってから150年で、、今回が初の
    ( ̄□ ̄;) これは、、夢だったのか! 
  では無く、、、それを何回も繰り返してて、、、
  次回の夢は、
   自分が死んでから150年後の世界、医療技術も進歩したので、また新しいキレイな顔で再出発
  から始まる新しい夢の中、、、だとか・・
  だって、、死ぬ前に冷凍保存とかじゃなくて、、1回死んでるんですよねー
  150年経ったからって、、、生き返るぅ??

  キャメロン・ディアス、、怖かったですねー
  あの大きな口で (バッドマンのジョーカー、、思い出しちゃった (―‘`―;) )
   あんな感じで笑われたら、、枕で顔を覆いたくなる気持ちも分かりますよねー

  夢オチだろーが、なんだろーが、、面白かったです。。
  また数年後に観よ~っと。。










 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪ 
   






    
[PR]
# by ringo-movie | 2017-03-27 14:32 | ミステリィー | Trackback | Comments(0)

b0018641_22182161.jpg
CLOUD ATLAS

2012/米・ドイツ・香・シンガポール
 監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ
 出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・スタージェス、キ―ス・デイヴィッド、ジェームズ・ダーシー

ストーリー(allcinema解説より)
 1849年、南太平洋。青年ユーイングは、妻の父から奴隷売買を託され、船での航海に出るが…。
 1936年、スコットランド。ユーイングの航海日誌を読む若き作曲家フロビシャー。
 父に勘当され、天才作曲家のもとで曲づくりに悪戦苦闘する。
 その曲は、のちに幻の名曲と呼ばれる『クラウド アトラス六重奏』だった…。
 1973年、サンフランシスコ。巨大企業の汚職を追及する女性ジャーナリスト、ルイサは、
  会社が放った殺し屋に命を狙われるが…。
 2012年、イングランド。著書を酷評した評論家を殺害した作家ホギンズ。
  彼の自伝は大ヒットし、出版元の編集者は大儲けとなるが…。
 2144年、ネオ・ソウル。そこは遺伝子操作によって複製種が作られ、人間のために消費される社会。
  複製種の少女ソンミ451は自我に目覚め、反乱を企てるが…。
 そして遥か未来、文明がすっかり崩壊した地球。
  ある羊飼いの男のもとを、進化した人間コミュニティからやって来た一人の女が訪ねるが…。
   クラウド アトラス@ぴあ映画生活




  WARNING
    おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。








  なんと! 壮大なストーリーか!! w( ̄△ ̄;)w


  って、、感動せなアカンのですかねー。。
  輪廻転生だとか、、永劫回帰だとか、、因果応報だとか、、並行世界だとか、、
  を 真剣に考えなアカンのですかねー??

  私、、(; ̄ー ̄) 全然、、、心に響くもんが無かったんですけど、、理解力が足りんのですかねー?

  特殊メイクで俳優さん達が何役もしてますが、、
  どーしても違和感があって、、エディ・マーフィーのコメディとかやったら、、、わかるけど・・
  シリアスに話を見せるには、、まだまだ特殊メイクの技術が足りひんの違いますかねぇ
  特に、、、2144年のネオ・ソウル、、西洋人の東洋人メイクは、、違和感、、しかないですよね。。


  まー それは置いといて、、、結局、何が言いたかったんですか?

  魂は過去から未来まで繋がっている、、と、、
  でも、、トム・ハンクス(が演じた役)を見てると、、いい人になったり、悪い人になったり、、、
  だから、、、
   現世のいい行いが、、来世に続いてるワケでもないらしいし、、、
  ヒュー・グラント(の役)だけ見ると、、悪いヤツは何回生まれ変わっても悪者にしかなれない、、
   とかってゆー 救いの無い話にも見えるし、、、

  で、、あの流れ星のアザは何?

  あのアザのある人だけが輪廻転生を繰り返してるってコト? 他は!? ( ̄□ ̄;)

  わからんわぁー ウチ、パーやけ、、わからんわぁー











 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪ 






    
[PR]
# by ringo-movie | 2017-03-22 22:30 | SF | Trackback | Comments(0)
 
b0018641_10020443.jpg

Fish Story

2009/日
 監督:村義洋監督
 出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、渋川清彦、眞島秀和

ストーリー映画.comより
 1975年、早すぎたパンクバンド 「逆鱗」 は世間に理解されぬまま、最後に 「FISH STORY」 
  という曲を残して解散した。
 1982年、2009年と時は流れて2012年、彗星激突の危機に見舞われた地球を救った陰には、
  「FISH STORY」 の存在があった……。 
 伊坂幸太郎の同名小説を、「アヒルと鴨のコインロッカー」 に続き中村義洋監督が映画化。
    フィッシュストーリー@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  ・・・( ̄  ̄;)  この曲がどうやったら人類を救うのか??
    が 知りたくて、 よーは、、オチ が知りたくて、、最後まで観ちゃいました。。

  で、、最後まで観た感想は、、、
    確かに! ( ´∀` )  救ったねー  あ~スッキリした。。

  ですかね。。 (笑)

  イワユル、、バタフライ効果 的なお話なんですね。。
  自分の投げた小石が大きな波紋を作り、、自分の知らない所でーー  ってゆー。。

  青春をかけた音楽が、、(結局は売れなかったけど)、、
   その素晴らしいメロディーや歌詞により  最後に地球を救った、、
  なんて、、完全な感動ストーリー、、ではなく、、
  その音楽の 無音部分のオカルトチックな噂 が 地球を救った、、なんて、ちょっと皮肉ですな。。

  最後の、、音楽 (フィッシュストーリー) にのせた種明かし、、的な、、
   ここが、こーゆー風に繋がってますよ~ (●´∀`)σ の 親切な説明部分、、、
  お恥ずかしながら、、
    素直に、、 ( ̄□ ̄;) なるほどー と 楽しんでしまいました。。








人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪







     
[PR]
# by ringo-movie | 2017-03-20 17:25 | カテゴリは…? | Trackback | Comments(0)

b0018641_00282627.jpg
2005/日
 監督:手塚昌明
 出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、伊武雅刀、綾瀬はるか、生瀬勝久

ストーリー(allcinema解説より)
 この日、陸上自衛隊の東富士駐屯地では対プラズマ用人工磁場シールドの展開実験を行なっていた。
 ところがその最中に想定外の暴走事故が発生、実験に参加していた的場1佐ら第3特別実験中隊が
  460年前の戦国時代へタイムスリップしてしまう。
 ほどなくして、過去への干渉が原因とみられる虚数空間ホールが日本各地に出現、現代を侵食し始める。
 やがて事態収拾のための組織 “ロメオ隊” が結成され、的場の元部下・鹿島勇祐、事故を引き
  起こした神崎怜2尉らが参加する。
 事故と同じ状況をつくり出し、二度目のタイムスリップを敢行し1549年へと向かうロメオ隊。
 だが、彼らに残された時間は74時間27分。
 それを過ぎると現代には戻れなくなってしまう。
 そして、そんな彼らを思いもよらぬ事態が待ち受けていた。
  戦国自衛隊 1549@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  なんか、、、ドキドキしながら観ました。
  もちろんストーリーに、、じゃないですよ。。
  なんてゆーか、見てはいけないもんを見ているような、見ているコッチが恥ずかしくなるような・・・

  なんでですかねー なんで、、こんなにも皆が大根に見えるんですかね??
  とりあえず、、自衛隊員に見えませんよねー 誰も、、特に主役とヒロイン、、見えませんよねー

   演習中、戦国時代にタイムスリップしてしまった自衛官達。
   彼らの行動により現代が崩壊しようとしているのを止めるべく、ロメオ隊は過去へと向かう。

  なんて、、私好みのストーリー、、、、の はずなんですけどねー。。

  なんでですかねー なんで、こんなにも面白くないんですかねー?

  自衛隊の全面協力、、とかゆーて、色々と本物使って迫力もあるはずなんですけど、、、、
  モノよりヒトの方に、全くリアルさが無いので、、、、ねー、、なんかねー、、、
  SFですからね、、ストーリーにそこまで リアルさ は求めないですけど、、、
   あまりにも、、あまりにも、、なんですよね。。


  最後、、、
   戦国時代から帰ってきた自衛官達を、現代の自衛官達が取り囲んで敬礼してハッピーエンド。

  ってゆー 終わり方、、、、自衛官勧誘DVDみたい、、、、

   あ ('ェ') 自衛官勧誘DVDやったん?これ?

  それやったら、、最初にタイムスリップしたのは、どこかの悪徳企業の研究員とかにして、、、
  彼らの悪事を自衛官達が止める! 成敗する! 
  とかにしたら良かったんじゃないのー?
  それやったら、それで、、コッチもそーいうつもりで観るやん。











 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪






     
[PR]
# by ringo-movie | 2017-02-11 00:32 | SF | Trackback | Comments(0)