ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!

タグ:ファンタジー ( 106 ) タグの人気記事

b0018641_1452157.jpg
CLASH OF THE TITANS

2010/米
 監督:ルイ・レテリエ
 出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、アレクサ・ダヴァロス、ジェマ・アータートン

ストーリーシネマトゥデイより
 神々が世に君臨していたある時代。
 神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、
        人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。
 彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す
     戦いの旅に出る。そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。
   タイタンの戦い@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  巨大サソリとの戦いやクラーケンの登場シーンは凄い!
  と思った。 3Dで観てみたいと思った。
  それだけ。 ( ̄_ ̄;)

  ギリシャ神話とか全然知らないんだけど、、、
  ギリシャの神々は、、、酷くね?
  自分に反抗する人間の王、、そのお仕置きは、、、
   彼の嫁とチョメチョメ(←古っ! (-Ⅱ-;)  ) して、身籠らす。。。
  って、ハリウッドのソープドラマ的過ぎやん!
  メデューサも、、何?何? 神に言い寄られて、断ったら犯されてって…

  (屮゜Д゜)屮 そりゃ祈りなんか捧げたくなくなるわーっ!

  とか言いながらも、、、
   この機会に、ギリシャ神話、、ちょいと読んでみようかなぁ~ ( ̄-  ̄ ) ンー

  P.S.
   あれだけ神なんて嫌だぁー! 嫌いだぁー! ゆーてたのに、、、
   なんで最後あんなに仲良さそうなのさ、、
   そもそも、悪のハデスに事の始末を頼んだのも、、
     最終的にクラーケンの出動にGo!を出したのも、、
   (━━┳━━゛_゛━━┳━━)  ゼウス、、あんたぢゃん!
                      いい父親ぶってんぢゃないわよ!



 2回目鑑賞。。  2017/8/9

   なんか、( ̄-  ̄ ) 、続編があるみたいなので、、観直してみました。
   で、、その感想は・・

   初回と同じ。。
    ( ̄‥ ̄)=3  神話の神っちゅーのは、、酷っでーヤツらだぜっ!   かな。。

   全然覚えてなかったけど、、
    最後、、お姫様はアッサリ振られるんだねー ( ̄  ̄;) なんか可哀そうー。。
   で、、、
   ペルセウスには、ゼウスお父ちゃんが 「 ( ´∀`)b 伴侶にどーぞ」 って、、
    イオを生き返らせるんだけど、、
   そもそも、イオって
    「ゼウスの求愛を断ったから ”永遠の若さ” の 呪い (?) を かけられた、、」
   とか 言ってなかった?
    (―‘`―;) なんだかなぁー 


   エウセビオス、、って、X-MENのビーストだね。


 (初回鑑賞 2011/3/1 評価 ☆★)

   初回鑑賞時 星が ☆★ って、、
    (;´^д^`) あまりにも少ないねー
           この時は、星5個満点だったのかな? エエ加減ですなぁ。。








 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







 
 
[PR]
by ringo-movie | 2017-08-09 16:11 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_14245287.jpg
Jinn

2014/米
 監督:アジマル・ザヒール・アーマッド
 出演:ドミニク・レインズ、レイ・パーク、ウィリアム・アザートン、ファラン・タヒール、セリンダ・スワン,

ストーリー(映画.comより
 かつて強大な闇の力で世界を支配していたジン族は、「守護者」と呼ばれる人間の登場によって
  徐々にその力を失っていった。
 それから数千年が経った現代のアメリカ。
 平和な毎日を送っていた男性ショーンに謎の魔力が忍び寄り、彼の妻を奪い去ってしまう。
 ショックを受けるショーンの前に見知らぬ神父が現われ、人類がジン族との最終戦争に突入しつつ
  あること、そして「守護者」の血をひくショーンだけが人類を救う唯一の存在であることを告げる。





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。







  一言でゆーと、、 ┐( ̄ヘ ̄)┌  なんぢゃこりゃ!  な 映画でした。。


  あまりにも ?? だったので、、冒頭の日本語字幕、、観返してみました。。

   この世に創造された3つの種族。
    土から作られた人間。

    光から作られた天使。 ← 説明は?

    火から作られた妖魔 ”ジン”
     数千年の間、世界を支配していたが、、人間に支配権を奪われる。 ←ジン、、弱いのか?
     主役と戦う シャイターン は、ジンの一派。 ←ジンにはいくつか 派 があるらしい・・
     シャイターンは、人間に反撃の機会を数百年待っていた。 ←だから、、弱いの?

    守護者。
     ジン を監視していた者。
     人間と善なるすべてを守護する者。 世界を闇から守る者。

    この、、守護者というのは、、天使のこと?

   この映画の主人公は、、人間 だよね?  天使じゃないよねー?

   最初、、主人公を守って戦うガブリエルが、天使だと思ってたんだけど、、
   味方になった ジン らしいし、、、
   天使は、、この、最終戦争 とかゆーてる時に、天使は、、、何してんの? どこにおんの?

   なんか、、、最後、、、驚きの w( ̄△ ̄;)w 続編を作る気なん!?
   的 シーンがありましたけど、、
   続編で天使を出そうとか、、ふざけたコトを、、考えてたんちゃいますよねー (;¬_¬)
   実は、あの神父が天使だったとか、、続編でネタばらし、、とか考えてたんちゃいますよねー

   時空を超えて、、の ジンと戦うための試練? 
   で、、余計に話が見えなくなってますよねー、、 それ、リアル? 空想の世界? って感じで。。

   何か重要なコトを知ってそうな雰囲気を醸し出す養父母、、が、、知ってたのは神父の名前だけ、、
   とか、、
   空中をビューンと飛ばされていなくなった妻が、実は神父達に匿われていた、、
   とか、、
   エクスカリバー的な大剣、、は、ジンと戦う主人公じゃなくて神父が 舞う 用なんだー、、
   とか、、
   味方のジン、、、一回、明らかに敵にやられてたよね? 何しれっと帰ってきてんの?
   とか、、
   ジン、、どー考えても弱すぎよね、、人間に乗り移ったりも出来るのに、、
   とか、、

   なんかもー 本当に、、なんかもーー ┐( ̄ヘ ̄)┌  なんぢゃこりゃ!

   でした。 もう1回観直したら、、スッきりする?

   もう1回観直す、、、根性ないわーー。 (;><)



   この映画、、、
    主人公がのってた車の、、 長~いCM? 
    抜群の走行性能、、ジンより早い、、この車、、いかがでしょう? 的な???


   ガブリエルが踊りながら戦うシーンはキレイやし、、面白い。。
   車の宣伝をやめて、、
   次回作への持ち越し (ワケわからん意味深なシーン) をやめて、、
   主人公をニコラス・ケイジに代えて、、、
   もちょっと分かりやすいストーリーにしたら、、、面白い映画になったんじゃないのー?
   どう?










 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪





     
[PR]
by ringo-movie | 2017-07-21 14:35 | SF | Trackback | Comments(0)

b0018641_13433772.jpg
 JUMANJI

1995/米 
 監督:ジョー・ジョンストン
 出演:ロビン・ウイリアムス、ボニー・ハント、キルスティン・ダンスト、ジョナサン・ハイド

ストーリー(TSUTAYA作品情報より
 いじめられっ子のアランは、ふとしたことから土の中に埋もれていた木箱を見つける。箱には”JUMANJI”という文字の刻まれた、不思議なゲーム盤が入っていた。 
 “JUMANJI”―ゲーム盤の上で展開される出来事を現実に引き起こす事の出来る、この世で最も危険なゲーム!!そうとは知らず、アランはガールフレンドのサラと早速ゲームを始め、サラの目の前でゲーム盤に吸い込まれてしまう・・・。
 それから26年の歳月が経ち、アランの屋敷に越して来た2人の姉弟ジュディとピーターは、屋根裏からゲーム盤を見つけ、ダイスを振りゲームが再開された。ついにゲーム盤から抜け出せたアランは・・・。
  (もっと詳しい内容はコチラ→ジュマンジ@映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






(今回鑑賞。。  2017/6/19)

  1995年の映画をリアルタイムで観て。
  前回、2007年に再び観た感想が、、
   「あ~ 面白かった。(●^皿^●) 内容をすっかり忘れていたので、1から楽しめました。。」
  だった。
  今回、、2017年に再び観た感想は、、、

   「あ~ 面白かった。(●^皿^●) 内容をすっかり忘れていたので、1から楽しめました。。」

  て、、
   前回と一緒ですな。。 ( ̄∇ ̄*)ゞえへっ だって、本当にそーなんだもんな~

  今更、、ですが。。
   ジャングルで大人になったアラン(ロビン・ウイリアムス) を 狙うハンターは、、
  現実世界のお父さんですやん。
  今回初めて気が付いたーー! (;´^д^`)



(前回鑑賞 2007/10/27 評価 ☆☆☆)
     ※前回鑑賞時は、☆5つ満点だったのかな? (・・。)ん?


  あ~ 面白かった!! (●^皿^●)

   1回観たはずの映画ですが、、
  内容をすっかり忘れていたので、1から楽しめました。。

   覚えていたのは、、
  象やサイやシマウマが、街中、車を押しつぶしながら暴走するシーンだけ。
  なので、、
   『ゲームが終わったあと、家をメチャクチャにしてしまった理由を
                          どう説明するんやろう!?』
   『アラン(ロビン・ウイリアムス)は、ゲームが終わったにしても、
         26年の歳月も、家族も取り戻せず、寂しいままぢゃん。』
  なんて心配してたんですが、、、

   (@ ̄□ ̄@;)!! そんな結末やったのかっ!?

  安心しました。。 (*^^*) フフ


   当時はどうだったのか分かりませんが…
  スゴロクから出てくる動物達は、ナカナカにちゃちくて、、
  私的にちょーどいい感じでした。
  これがリアルそのもの!!
   だったら、本気で怖い映画かも、、( ̄w ̄)ぷ

   26年ぶりに再会できた父親とのシーンもホロリとさせます。
  やっぱり、、

   愛しているなら 『愛してる』 と、
           言える時に言っておきましょう。

  いつ、言いたくても言えない世界に
        飛ばされちゃうかもしれないからね。 ネ。








 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 
 




 
[PR]
by ringo-movie | 2017-06-20 01:17 | SF | Trackback | Comments(0)

b0018641_23201962.jpg

Elf
2003/米
 監督:ジョン・ファブロー
 出演:ウィル・フェレル、ジェームズ・カーン、 メアリー・スティーンバーゲン、ズーイー・デシャネル

ストーリー映画.comより
 ある年のクリスマス、孤児院で1人の赤ん坊がサンタの袋に紛れこみ、そのまま北極へと連れて
  行かれてしまう。
 エルフに預けられた赤ん坊は、バディと名づけられすくすくと成長していく。
 そして30年後、立派な大人の男性になったバディはニューヨークにいるという実の父親を探しに
  旅立つが……。
   エルフ~サンタの国からやってきた~ @ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  胸がモヤモヤするような映画を続けて観てしまったので、、
   ホンワカ温かい気持ちになれる映画を、、、と 選んだんですが・・・ ( ̄_ ̄;)う~む

  こういう映画を観て、素直に笑えるピュアなハートを、、、、(lll´`) 失ってしまったんですかね?私。。

  ニューヨークに父親を捜しに来たバディ、、ハチャメチャな行動を取りますけど、、
  北極にいたエルフ達は、至って普通でしたからねー。
  ちょっと陽気で、優しさに溢れてて、働き者な小さい人、、って感じでしたよね。
   パスタとお菓子を手でこねくり回して、クチいっぱい頬張る、、とか、絶対しなさそうだし。。
  だから、、
   バディの、その空気を読めない感じ、下品な感じ、は、、(¬д¬。)  エルフ達からも浮いてたんちゃうん?
  って思ってしまう。。

  サンタの ”悪い子リスト” に 載ってた父親が、、急にエエ人になったキッカケは何?
  突然でしたよねー。
  てか、、、
   いくら遺伝子テストで自分の子供だと分かったからって、、
    突然現れたオッサンを子供として受け入れ、警察に引き取りに行ったり、家に呼んだり、、、
  ”悪い子リスト” に 載るような人は、、まずしないと思いますけどね。。

  サンタを信じてるワケじゃないけど、、、愛してるワケでもないけど、、、
   「あいつ(雪だるま)の言うことなんか聞くな」 なんて、、
  悪口のような、、雪だるま<なんか> って見下してるような、、
   そういうセリフをサンタに言わせてるのが、、ちょっと違和感、ちょっと嫌悪感。。。。



   なんて、、 (¬д¬。)  ← こんな顔しながら観る映画じゃないですよね。


  まぁ、、クリスマスシーズンに、家族で ( ̄w ̄) クスッ とか笑いながら観るには、、いいのかも。


  彼、、映画で30歳の設定でしたよね。
   養父のエルフが言ってました 「エルフの国に人間が来たことはない30年前までは・・・」 って。。
  30歳って、、、
   見えませんよねー どう見ても アラ・フィフ ぐらい? はっきり、しっかりオッサンですよね。。
  と 思って調べたら、、、
  彼、この映画の時は30半ばぐらいでした。。 ( ̄_ ̄;) 老けてますねー



  ん~ (ー‘´ー) バディの役、、若かりし頃のジム・キャリーがやったら、、、似合ってただろうなぁ~











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







 
[PR]
by ringo-movie | 2016-08-18 23:28 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_0412640.jpg

The Mortal Instruments:City of Bones

2013/米・独
 監督:ハラルド・ズワルト
 出演:リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジョナサン・リース・マイヤーズ

ストーリー映画.comより
 ニューヨークに暮らすごく普通の少女クラリーは、ある事件をきっかけに、この世には吸血鬼や人狼、
  妖魔といった地下世界の住人=ダウンワールダーが存在することを知る。
 そうしたダウンワールダーを狩る「シャドウハンター」の美少年ジェイスと出会ったクラリーは、母の
  ジョスリンもまた、ハンターであることを知らされる。
 特殊能力を授けると言われる聖杯を闇の存在から守っていた母が反逆者にさらわれてしまったこと
  から、クラリーは母を救い、聖杯を探すため戦う決意をする。
   シャドウハンター@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  ( ̄-  ̄ ) こりゃ、、長編小説を映画にしてますなー。。

   ってのが、、観てて分かる映画ですね。。。

   ”抜粋感” がハンパないし、、、
   続編ありき、、で 作ってるから、、詳しいコトは次回! 的に、、
    伏線、、と言うか、、ワケワカランとこ、、と言うか、、説明が欲しいとこも
     おもきしスルー。。
   今回は、とりあえず顔出しだけしとこー ってキャラもいて。。

   なんかね、、、モヤモヤしたまま終わってしまいました。。

   続編ありき、、で、、謎を散りばめたまま終わるの、、やめて欲しいんですけどねー。。
   1話をキッチリ作った上で、、、次にいってくれませんかね。。

   ヒロインに兄がいる。。
    って 話に出た瞬間、、、親友のサイモンがお兄ちゃんだと思ったんですけど、、、
    熱いキッスを交わしたジェイスがお兄ちゃんだって? まぢ?
   どー見ても、、サイモンの方が似てるじゃん、、、眉。。 あの眉。。 あの!眉! (ー`´ー)

   ホッジって、、、シャドウハンターの中でもエラそうな感じだったんですけど、、、
    ”引きこもり” を 治して欲しいため、、だけに、、あんな裏切りを???

   シャドウハンターの秘密基地みたいなトコに敵が襲撃して来ても、
    他のシャドウハンター、、誰1人戦ってなかったんですけど、、他のシャドウハンターって、、
   いないの?
   ホッジと、、あの3人だけ!??  
     だったら、、(`Д´ ) そりゃ、ちょっと悪いコトしてでもハンター増やそうって気持ち分かるけど・・

   悪者(ジョナサン・リース・マイヤーズ) は ハンターを増やしたかったんですよね?
   それに聖杯がいる、、と、、
    で、それに妖魔を操るとか、、どう繋がってたんですかね?
   妖魔を操れるなら、、もうハンター増やさなくてもいいですよね?


   あー それは、、もう1回観たら分かるのかな? そこの説明、、見逃したかな??


   結構、、好きな世界のお話しだったので、、、
    どうせなら、ちゃんとモヤモヤが解決されるように、、続編も観たかったですけど、、、
   これが、、イマイチの評判だったから、、
    ( ゜д゜) 続編、、、中止って???

   だからーー!! 
     (━━┳━━゛_゛━━┳━━) 続編ありき、、で作るのやめといてよー!
               まずは1話に全力投球! してよー!
               兄ちゃんは!!! 誰よーーーー!!!?










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-08-10 00:46 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_19515175.jpg

LA BELLE LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST

2014/フランス・ドイツ
 監督:クリストフ・ガンズ
 出演:ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、イボンヌ・カッターフェルト

ストーリー(Yahoo!映画より)
 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベルが野獣)の住む
  城に連れていかれてしまう。
 彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の
  制約も受けなかった。
 自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付く。
   美女と野獣@ぴあ映画生活






  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  映像がね、、
   退廃的なお城の雰囲気だったり、ベルのドレスだったり、、治癒の泉のキラキラだったり、
  とってもキレイでしたね。。。

  あの、、
   ベルのドレスと髪飾りのコーディネートとか、、野獣が 
     ( ̄-  ̄ )う~む ちょっと派手かな・・・
   とか
     ('ー'*) 髪に、、ドレスと同系色の花を散らしてみようか・・・
   とか
    言いながら考えてるのかなぁー?
  と 思うと、、ちょっと笑っちゃいますよね。。

  てか、、、
   本当にそういうシーンがあったりすると、、
   私的にはベルが野獣に心を許していくのも理解出来るかもしれませんけどね。。

  そーいうシーンは、、もちろん無かったので、、、
   (¬д¬。) ベルは野獣を愛した気でいるけど、、それはただの同情じゃないの??
  とか思ってしまう。。
  見た目野獣だけど、、でも・・・ ← って ・・・ の部分、惹かれる部分、魅力的な部分って、、
   特に無かったですもんねぇ。。
  ただのエラソーな乱暴者にしか見えなかったんですけどね。。


  森の妖精の女王さん、、
   そんな事なら、もっと強く狩りをとめなよ! 狩りに行くなら別れます! とか言いなよ!!
  とかー
  盗賊が城をメチャクチャにする前に、、城に入る前に潰しちゃいなよ! 掃除が大変じゃん!!
  とかー
  そんな大きな石造が、、強そうにガオーとか言ってんのに、、普通の銃に撃たれて後退しちゃうって・・
  とかー
  王子って、、、
   ”キレイで若い青年” ってイメージだったから、、おっさんが出てきて驚き!
  とかー
  姉ちゃんは、昔の豪勢な暮らしを忘れられず、、お金・贅沢大好きだけど、、ベルは堅実派で、、
   平たくゆーと、、”イイコ” を見せたいがための、姉ちゃんのシーンが多すぎくない?
  ちょっとダラダラしてない?
  とかー
  他人の城に入って、、勝手に飲み食いした挙句、、宝石やら、バラやらを盗んだのに、、、
   ”俺は善人だ! 盗人なんて言わせない!” って、、お父ちゃん、、無茶ゆーわぁー
  とかー


   むむむっ ( ̄____ ̄) むむむむむっ


  て 感じで、、楽しく観ました。


  余談ですけど、、、
   ヒロインの女優さん、、ウチの妹の若かりし頃によー似てて驚き。。
    あの子、、( ̄-  ̄ ) 美人やってんねー










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






  
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-25 19:58 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)

b0018641_15382924.jpg
D-WAR

2008/韓国
 監督:シム・ヒョンレ
 出演:ジェイソン・ベア、アマンダ・ブルックス、ロバート・フォスター、クリス・マルケイ

ストーリー(allcinema解説より)
 ロサンジェルスの街中が突如巨大ハリケーンに襲われたような惨事に見舞われる。
 取材に訪れたレポーターのイーサンは、ふとしたことから少年時代の記憶を蘇らせる。
 それは、古美術店の店主が語る ”500年に一度、運命の女性を巡って正邪の戦いが勃発し、
  人類が滅亡の危機に直面する” という奇想天外な話。
 しかし、それが今現実になろうとしていた。
 そしてイーサンが、その運命の女性を探し当てたとき、突然巨大なモンスターが現われ、2人に
  襲いかかってきた。
   D-WARS ディー・ウォーズ@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   (。・´_`・。) あらまぁ~
          製作費35億円以上ですって。。
          やっちゃいましたねー。。
          なんでアメリカ人に生まれ変わらせたんですかね?
          最後、、チョゴリ着て昇天してましたよね?
           だったら全部、韓国を舞台で作らはった方がシックリきたかもしれませんよねー。
          この脚本だったら、どこが舞台でもダメですかね?
          いや、、
           主人公の演技が変わって(主人公が変わって、って事ね (^^;)ちょっと大根さんよね
           米軍とかFBIとかの妙な違和感も無くなったら、、
          まだ観れる映画になったような気がするんですけどねー。

   ワカランけどね。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-08 15:41 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_1414302.jpg
Passengers

2009/米
 監督:ロドリゴ・ガルシア
 出演:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィット・モース、クレア・デュバル

ストーリー(allcinema解説より)
 若きセラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客のセラピーを担当することに。
 しかし他の生存者とまるで様子の違うエリックはグループ・カウセリングを拒否して個別カウンセリングを
  要求した上、薄気味悪い言動でクレアを困惑させる。
 そんな中、事故の状況を巡って生存者たちの証言と航空会社の公式説明との食い違いが表面化し、
  さらに生存者たちが次々と謎の失踪を遂げる事態に。
 航空会社への不審を強めたクレアは、懸命に事故の核心に迫ろうとするのだが…。
   パッセンジャーズ@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  アン・ハサウェイがあまり好きじゃないので、、(^_^;) パスしてた作品でしたが、、、
  が、、
  今は、、


   あれ? ('ェ') なんで、、アン・ハサウェイ嫌いだったっけ??


  って感じ。。 
    (*'v'*) 面白かったですね~。。

  すっかり騙されました。
  まず、映画案内の ”アン・ハサウェイ主演で贈るサスペンス” って文字から騙されてたんですねー。
  って、、この手の作品も ”サスペンス” に なるんですかね?
  ま、いっか。。

  最近、、そう、最近、、ちょうど、、
    ( ̄-  ̄ ) 久しぶりに ”シックス・センス” 観たいなぁー
  とか思ってたとこだったので、、そんな私にドンピシャな映画でした。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-06 14:17 | ファンタジー | Trackback | Comments(0)
b0018641_18573750.jpg
DESPICABLE ME

2010/米
 監督:クリス・ルノー、ピアー・コフィン、セルジオ・パブロス
 (声の)出演:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ジェイソン・シーゲル、ラッセル・ブランド

ストーリー(allcinema解説より)
 大泥棒グルーの生きがいは、世界をあっと驚かせる物を盗むこと。
 そのために、バナナから作られた怪盗軍団 “ミニオン” を従え、涙ぐましい努力を続けていた。
 そんなある日、ピラミッドが盗まれ大ニュースに。
 悔しがるグルーは、負けてなるものかと、月を盗むことを決意する。
 ところが、宿敵ベクターの横やりで作戦失敗の危機に。
 そこで、ベクターを陥れるため、養護施設で暮らす三姉妹、マーゴ、イディアス、アグネスを利用する
  ことを思いつく。こうして三人を養女に迎え入れたグルーだったが…。
   怪盗グルーの月泥棒@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





 冒頭、、、アイスを落として泣く子供に風船の犬を作ってあげたりして、、
   ( ̄-  ̄ ) なるほど、、心優しき怪盗の物語か・・・
 と 思った瞬間、、風船を針で突いて割るってゆー。。 
 予想外だったので、ちょっとビックリ!!

 ま、最終的には、、予想通りだったんですけどね。。 ( ̄w ̄)

 なんの説明もなく、、地球外生命体? 的なペットの犬や、ミニオン軍団達が登場するので、、
 シリーズの続編ものだと思ってたんですが、、違うんですね。。  (^^;)


 とにかく、、可愛い映画ですね~。。
 3姉妹も可愛いし、ミニオン軍団も可愛いし、、
  ただ可愛いと言うより、 もー、愛おしいっ! のレベルでした。。 (*'v'*)ミニオン欲しい・・
 一番上のお姉ちゃんでも、多分、、小学生ぐらいなのに、、
   妹に対する優しさとか、、微笑ましいを超えて、胸がジーンとなったり、、
 グルーはミニオン軍団の1匹ずつ、ちゃんと名前を覚えてるとか、、
 ずっと、静かに、、”愛” がね、、溢れてるんですよね。。
 ベクターの金庫で閉じ込められた時、、ワーワー騒ぐミニオンをグルー、、、
 抱き寄せて、、頭をポンポンってしてるんですよ。。
 騒ぐミニオンのクチを塞ぐとか、、もちろん怒るとかじゃないんです、、ポンポン、、ですよ。。
 そういう細かいとこまで ”愛” が 溢れてるんですよねー。。


 子供の夢をガンガンに砕き、子供の頑張りを全く認めない、、そんな、冷たいグルーの母親、、
 が、グルーの子供の頃の写真を3姉妹に見せてたり、、
 する所で、、
  (ー`´ー) 彼女は、グルーに対して愛情が無かったワケではなくて、
        ただ、子供の愛し方がわからなかったのでは・・?
 とか、、思ってしまう。。
 それがグルーも分かってるから、、最後、、3姉妹のバレーの舞台にも母親を呼んでたり、、、


 さりげなくシビアな話も盛り込まれていながらも、、
  最後まで楽しく、温かい気持ちで観れる映画でした。。 (*'v'*)何回も観ちゃうわー。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2016-04-01 19:03 | アニメ | Trackback | Comments(0)
b0018641_0303670.jpg
DOGMA

1999/米
 監督:ケヴィン・スミス
 出演:ベン・アフレック、マット・デイモン、ジェイソン・リー、リンダ・フィオレンティーノ、アラン・リックマン

ストーリー映画.comより
 その昔、神に背いて天界を追放された天使ロキとバートルビー。
 1000年もの間悶々と人間界で暮らしていた彼らは、ニュージャージーの神父が提案した
  ”すべての罪が清められる日” を利用し、自分達も天界へ帰ろうと計画する。
 それが世界の消滅を招くことを知った神の秘書天使メタトロンはキリストの末裔ベサニーを引っ張り出し、
  ロキたちを阻止するため預言者ジェイ&サイレント・ボブらと共にニュージャージーへ向かわせる。
   ドグマ@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   <バディ・キリスト> が登場した瞬間からヤバイとは思ってたんですけど・・・ ( ̄_ ̄;)

   大天使メタトロン(アラン・リックマン) が
    天使はレイプなんか出来ない、、とか言いながらズボンを下げた時点で観るのをやめようか
   とも思ったんですけど・・・  ( ̄▼ ̄|||)

   ”イリノイ州中絶反対団体は 中絶賛成団体とソフトボールの試合をします・・・”
   これは、、、笑うとこなんですかね?
   この映画、、どうも <<コメディ>> に分類されてるみたいなんですけど、、
   1回も笑うことなく観終わったのは、、
   ワタシの感性の問題ですかね? (。・´_`・。) 

   マット・デイモンが可愛い、、 (*'v'*) だけかな、、、良かったトコロ。。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-08-05 00:32 | コメディー | Trackback | Comments(0)