ブログトップ

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp

ネタバレ注意!!

タグ:日本映画 ( 8 ) タグの人気記事


b0018641_17233355.jpg
万能鑑定士Q -モナリザの瞳-

2014/米
 監督:佐藤信介
 出演:綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉子、ピエール・ドゥラドンシヤン、児嶋一哉、村上弘明

ストーリー映画.comより
 驚異的な鑑定眼と記憶力を持つ天才鑑定士で「万能鑑定士Q」の店主・凛田莉子は、40年ぶりに
  フランス・パリのルーブル美術館から来日することになった「モナ・リザ」の警備強化のため、臨時学芸員
  に推薦される。
 渡仏してルーブル美術館で受けた採用テストにも受かり、連日「モナ・リザ」について学ぶ莉子だったが、
  「モナ・リザ」についての知識が深まるにつれ、謎の頭痛に襲われ、今までもっていた鑑定能力が
  失われていく。
   万能鑑定士Q -モナリザの瞳-@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  途中までは ( ̄-  ̄ )  面白かったんですけどねー。。

  綾瀬はるかさんはメチャ可愛いし、松坂桃李くんもメチャ可愛いし、、
   フランス、夜のルーブル、、は とてもキレイだし。。

  が、、どこからか、、ハッキリとは覚えてないですが、、、
   チープさが鼻について(?) 興ざめしてしまいました。。。

  いくら可愛くても、、セーラー服姿は無理でしょ。 いくら綾瀬はるかさんでも、、(―‘`―;)
  そのセーラー服姿に、なんかコント臭がする、、、、  
  と 思ってたら、、アンジャッシュの児嶋さん出てくるし、、、
  もー リアリティとか緊迫感とか、、一切、無くなっちゃいました。。 (lll-д-lll)

  ミステリィーとか、サスペンスとか、、絡めてる映画で、、一切緊迫感がないなんて、、アカンでしょ。

  犯人を捜すシーンでも、、刑事よりギャラリーの経営者が前に前に出てくるし、、
  なんでよっ! (lll-д-lll) て 感じ。。

  最後なんか、、もう半笑い、、とゆーか、、失笑。。
  こーいう終わり方は、、昔、、TVの刑事もんで見たような気がする、、、
  振り返ったら大量のパトカーがいる、、なんて、、、耳悪いんか! 気づかなかったんか!
  女鑑定士を先頭に、刑事が編隊組んでる、、とか日本の警察、それでいいんかっ!

  まー、、、さー、、、映画ですからーー エンターテインメントですからぁー
  リアリティが全てじゃないのは、、重々承知、、ですけど、、
  ここまでくると、、ねーーーー ( ̄  ̄;) 

  規模のデカイ、豪華な映画 から、、
  一転、、
   昔懐かしの-分かりやすい-刑事TVドラマ に 、、| | |(-_-;)| | | | なっちゃったねー

  最初の雰囲気のまま、最後まで観たかったなぁ。。 









 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪ 







    

[PR]
by ringo-movie | 2017-05-12 17:27 | ミステリィー | Trackback | Comments(0)
 
b0018641_10020443.jpg

Fish Story

2009/日
 監督:村義洋監督
 出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、渋川清彦、眞島秀和

ストーリー映画.comより
 1975年、早すぎたパンクバンド 「逆鱗」 は世間に理解されぬまま、最後に 「FISH STORY」 
  という曲を残して解散した。
 1982年、2009年と時は流れて2012年、彗星激突の危機に見舞われた地球を救った陰には、
  「FISH STORY」 の存在があった……。 
 伊坂幸太郎の同名小説を、「アヒルと鴨のコインロッカー」 に続き中村義洋監督が映画化。
    フィッシュストーリー@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  ・・・( ̄  ̄;)  この曲がどうやったら人類を救うのか??
    が 知りたくて、 よーは、、オチ が知りたくて、、最後まで観ちゃいました。。

  で、、最後まで観た感想は、、、
    確かに! ( ´∀` )  救ったねー  あ~スッキリした。。

  ですかね。。 (笑)

  イワユル、、バタフライ効果 的なお話なんですね。。
  自分の投げた小石が大きな波紋を作り、、自分の知らない所でーー  ってゆー。。

  青春をかけた音楽が、、(結局は売れなかったけど)、、
   その素晴らしいメロディーや歌詞により  最後に地球を救った、、
  なんて、、完全な感動ストーリー、、ではなく、、
  その音楽の 無音部分のオカルトチックな噂 が 地球を救った、、なんて、ちょっと皮肉ですな。。

  最後の、、音楽 (フィッシュストーリー) にのせた種明かし、、的な、、
   ここが、こーゆー風に繋がってますよ~ (●´∀`)σ の 親切な説明部分、、、
  お恥ずかしながら、、
    素直に、、 ( ̄□ ̄;) なるほどー と 楽しんでしまいました。。








人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪







     
[PR]
by ringo-movie | 2017-03-20 17:25 | カテゴリは…? | Trackback | Comments(0)

b0018641_00282627.jpg
2005/日
 監督:手塚昌明
 出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、伊武雅刀、綾瀬はるか、生瀬勝久

ストーリー(allcinema解説より)
 この日、陸上自衛隊の東富士駐屯地では対プラズマ用人工磁場シールドの展開実験を行なっていた。
 ところがその最中に想定外の暴走事故が発生、実験に参加していた的場1佐ら第3特別実験中隊が
  460年前の戦国時代へタイムスリップしてしまう。
 ほどなくして、過去への干渉が原因とみられる虚数空間ホールが日本各地に出現、現代を侵食し始める。
 やがて事態収拾のための組織 “ロメオ隊” が結成され、的場の元部下・鹿島勇祐、事故を引き
  起こした神崎怜2尉らが参加する。
 事故と同じ状況をつくり出し、二度目のタイムスリップを敢行し1549年へと向かうロメオ隊。
 だが、彼らに残された時間は74時間27分。
 それを過ぎると現代には戻れなくなってしまう。
 そして、そんな彼らを思いもよらぬ事態が待ち受けていた。
  戦国自衛隊 1549@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  なんか、、、ドキドキしながら観ました。
  もちろんストーリーに、、じゃないですよ。。
  なんてゆーか、見てはいけないもんを見ているような、見ているコッチが恥ずかしくなるような・・・

  なんでですかねー なんで、、こんなにも皆が大根に見えるんですかね??
  とりあえず、、自衛隊員に見えませんよねー 誰も、、特に主役とヒロイン、、見えませんよねー

   演習中、戦国時代にタイムスリップしてしまった自衛官達。
   彼らの行動により現代が崩壊しようとしているのを止めるべく、ロメオ隊は過去へと向かう。

  なんて、、私好みのストーリー、、、、の はずなんですけどねー。。

  なんでですかねー なんで、こんなにも面白くないんですかねー?

  自衛隊の全面協力、、とかゆーて、色々と本物使って迫力もあるはずなんですけど、、、、
  モノよりヒトの方に、全くリアルさが無いので、、、、ねー、、なんかねー、、、
  SFですからね、、ストーリーにそこまで リアルさ は求めないですけど、、、
   あまりにも、、あまりにも、、なんですよね。。


  最後、、、
   戦国時代から帰ってきた自衛官達を、現代の自衛官達が取り囲んで敬礼してハッピーエンド。

  ってゆー 終わり方、、、、自衛官勧誘DVDみたい、、、、

   あ ('ェ') 自衛官勧誘DVDやったん?これ?

  それやったら、、最初にタイムスリップしたのは、どこかの悪徳企業の研究員とかにして、、、
  彼らの悪事を自衛官達が止める! 成敗する! 
  とかにしたら良かったんじゃないのー?
  それやったら、それで、、コッチもそーいうつもりで観るやん。











 人気blogRankingに参加してます。
  良かったらポチッと押してね♪






     
[PR]
by ringo-movie | 2017-02-11 00:32 | SF | Trackback | Comments(0)

b0018641_074821.jpg

2004/日
 監督:紀里谷和明
 出演:伊勢谷友介、麻生久美子、唐沢寿明、及川光博、三橋達也、大滝秀治、寺尾聰、樋口可南子

ストーリー(allcinema解説より)
 そこは現代の世界とは全く異なる歴史を歩んできた世界。
 大戦は50年も続き、世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、2つの陣営に分断されていた。
 戦いは大亜細亜連邦共和国の勝利に終わるが、人心は荒廃し、様々な後遺症と荒れ果てた大地
  だけが残った。
 そんな中、東博士は重い病に苦しむ妻を助けたい一心で、人間のあらゆる部位を自在に造り出す
  “新造細胞”理論を構築する。
 やがて、それを私欲のために利用しようとする軍関係者の援助で始められた実験は、博士の思惑を
  超え、“新造人間”なる新生命体を生み出してしまうのだった…。
   CASSHERN/キャシャーン@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   うんうん ( ̄-  ̄ ) あるある、こんなミュージックビデオ見たことある気がするわー。。

   って感じ。。
   凄い力の入ったミュージックビデオで、、目が釘付け! 必ず、もう1回見たくなる!
   って感じ。。
   A~HAの””TAKE ON ME” とか衝撃的だったんだよねー。。
   デュラン・デュランとか、、デビッド・ボーイとか、カルチャー・クラブとか、
    もちろんマイケル・ジャクソンも忘れてはいけないけど、、
    80年代のミュージックビデオは、、楽しかったんだよねー。 (*'v'*) って、、年齢出るね。。
   そんな感じ、、

   凄い! って 思ったよね。。  きっと、、5分弱のミュージックビデオなら。。。。。。


   映画を観て、こんな感想って、、、、なかなか今までに無いんだけど・・・

    (ー`´ー) 鼻につく、、、感じ?
           僕って凄いでしょー 見て見てっ! 凄いでしょー! 
           今まで、日本映画では作られたコト無かったような映画でしょ! 凄いでしょー!
           この映像美! 誰も真似出来ないでしょー! 凄いでしょー!
           一筋縄ではいかない感じ? 感性無い人には分からないよねー! 凄過ぎて。。
          って、、、
           言いたくて、言いたくて、仕方ない感じが、、、、 鼻につく、、(Θ_Θ;) 
          もしくは、、
           人と同じことはしたくないんだよねー。 
           僕は個性的過ぎて、日本にはおさまらないんだよね。 世界レベルってゆーか。。
          言いながら、、、
           実際はどこかで見たような気がするミュージックビデオ風の仕上がり、、、
          で、、、
           なんか、見てるこっちが恥ずかしい、、 的な。。。

   いやいや、、いやいや、、、
   実際に、、この監督さんが ”僕って凄いでしょー!” とか ”世界レベルぅー!” とか
    ゆーてるかどうかは、、知りませんけど。。 (^_^;)

   そー いう風に見えた、、、ってコトですけどね。。

   ストーリーは面白くない、映像は主張し過ぎて煩い、
    宮迫さんが、、あまりにも宮迫さん過ぎて、、さらに話が入ってこない、、、( ̄w ̄)ぷ
   なんだかなー。。


   最近、、、
    ”南極料理人” とか ”高速!参勤交代” とか ”テルマエ・ロマエ” とか、、、
   続けて観てて、、
    日本の映画も面白いなぁ~ ('ー'*)
   と 、、、手を出した作品でしたが、、、、、、、、、、驚き、でした。











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






   
[PR]
by ringo-movie | 2016-08-02 00:16 | SF | Trackback | Comments(0)

b0018641_1541221.jpg

2013/日
 監督:三谷幸喜
 出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、 剛力彩芽、鈴木京香、浅野忠信、寺島進

ストーリー映画.comより
 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の
  三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に
  推薦する。
 勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は
  軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。
 やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。
   清須会議@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。




  一言でゆーと、、 (。・´_`・。)  面白くなかった。。

  なんだろね、、1個前に観た ”超高速!参勤交代” と 何が違うんだろねー。。
  題材的には、面白そう、、だと思ったんですけどね。。

  まず、、、
   大泉洋さん演じる秀吉がね、、
  時々、もの凄い尾張弁かと思いきや、、普通にキレーな標準語話してたり、、、
   (`-´メ)  いや、ちょっとはさぁー 勉強してからおいでよー なんなん? やっつけ仕事?
  とかって、、イライラしちゃったワケですよ。。

  まー 後々、、役所広司さんが普通に現代若者言葉的なんを使ってたりするので、、、
  そーいう、、
   時代劇・時代劇してない? ような作りにしてるんやな、、 と、、
  大泉洋さんを責めたらアカンねんな、、と   も  思ったんですけど、、、

  所々、、 
   あー (ー`´ー) これ・・・ ギャグのつもりなんだろうなぁー
  って思うシーンはあるんですけど、、一切、、もー 全然、、笑えない。。
  旗取り合戦での 浅野忠信 さんの走り方も、、
  会議を目指して1人走り続けるおっさんも、、
  バカ過ぎる信長の息子 (あれ、、妻夫木さんやったんですねー 気が付かなかった) も、、
  笑えない。
  ので、、ただひたすら、、ドン引いちゃう。。
  豪華俳優陣、、、は、、、ただの無駄使いにしか見えない。
  天海祐希さんなんか、、絶対にいらない。 (←天海さん批判ちゃうよ)
   てか、、あの忍びのくだりがショボ過ぎて、、本当にいらない。。

    あ Σ(`Д´ ) あえての、、ショボ忍者か、、
              バレバレの中庭移動とか、、弱すぎる! とか、、、あれもギャクか・・・?

  て、、コトで。。
  結局、、三谷さんの考える(作る?) ギャグが
   私の好みでは無かった、、理解出来なかった、、 って事ですね。 ( ̄个 ̄)
  興業収入も凄かったようで、、評判、、良かったのかな?
  良かったね。。


  バリバリの時代劇は観る気しないー ゆーてましたけど、、、
  申し訳ないですが、、秀吉だけキャストを変えて、、(^_^;)ゴメンなさい。。
   シリアスな感じで、、この話、清州会議、、観たいなぁー と、、
  小日向文世さん、役所広司さん、佐藤浩市さん、鈴木京香さん、、、を 観てて思いました。。










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 






 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-15 15:50 | カテゴリは…? | Trackback | Comments(0)

b0018641_5435985.jpg

2014/日
 監督:本木克英
 出演:佐々木蔵之介、深田恭子、西村雅彦、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、市川猿之助

ストーリー映画.comより
 第8代将軍・徳川吉宗が天下を治める時代。
 磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は、湯長谷の金山を狙う幕府の
  老中・松平信祝から、通常なら8日間を要するところを、わずか4日間で参勤交代せよと命じられる。
 湯長谷藩主の内藤政醇は、知恵者の家老・相馬兼嗣とともに4日間での参勤交代を可能にする
  奇想天外な作戦を練り、実行に移すが、松平もそれを阻止せんと刺客を放っていた。
   超高速!参勤交代@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。




  面白かったですねー 

   (*'v'*) 藩主・内藤政醇の人柄が、いいですねー。。    
          ボーっと ノンビリしているようで、イザという時にはメチャクチャ強い、、、とか、
          エラぶらない、、、とか、
          お人よし過ぎて、、、とか、
          佐々木蔵之介さんって、、本当にそんな人なのかなぁー、
           とか思ってしまうぐらい、、この役柄にハマってますね。。

   時代劇を観て育ってないので、、バリバリの本格時代劇 (←って例えばどんなん?) は 
    あまり興味が無いというか、、観ようという気にならないんですけど、、
   これは、何の違和感も無く楽しく観れました。。
   時代劇なのに、カップルや若い人が多く劇場に観に行ったらしく、、それも納得です。。

   今回、2回目の鑑賞なんですが、、1回目の時は気が付かなかったんですけど、、、
   山道でどうしても無理、、になる所まで馬で行ったら、、かなり時間短縮になるのでは? ( ゜д゜)
   と 思ったんですけど、、
   貧乏過ぎて馬がいない、とかじゃないですよね。 馬番がいましたもんね。。。 (ー`´ー)

   この頃ねー ( ̄-  ̄ ) 思うんですよぉ。
   日本人なのに、、生まれも育ちも、、生粋の日本人なのに、、私、、日本のコト知らなすぎるなぁー
    って。。
    藩主って、、、その藩のお殿様って呼ばれるん? 殿様は徳川さんトコだけ?
    で、
     藩主って、、そんなに簡単に農民と話しとかするん? 農民は土下座でハハーっとかせんの?
     家来も結構、、ため口っぽいもんねー
    忍びって、、忍者よねー。 本当にあんな感じやったん? 屋根裏とかにおったん?
     屋根にピューと飛べたり、クルクル回って攻撃を避けたり、手裏剣投げたり、、してたん?

    最後に、、
     参勤交代は莫大な費用もかかるし、地方の藩には大変やったけど、、
     それがあったから、、戦も起こらず、、平和な時代が長く続いた・・・
    とかナレーションで言ってましたよね。。

    ( ̄-  ̄ )へぇ~

    ですよ。

   学生時代、、
    こんな感じのライトな時代劇で、歴史の大きな事件や、流れを教えてくれたら、、、
   楽しんで覚えられたかもしれませんよね。


   1つだけ、、私的に、、
     (ー`´ー) 女郎とウンヌン、、無い方が良かったなー
   と、、、思ったんですけど。。。
   いる? あれ、、、、いる?
   側室とか、、、いる?
   もー 正室と仲睦まじく、、的なんで良くない? 
    側室とか、、、、いくらそういう時代とはいえ、、なんかヤダ。。 (lll´`)


  とかゆーとりますが、、、なんのかんのゆーても、、、
    楽しい映画でした。  (°∀°)b オススメー!



  あ、最後に1つ気になったのが、、、、エンドロール曲、何であれ? ( ̄____ ̄)










 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 





 
[PR]
by ringo-movie | 2016-07-15 05:48 | カテゴリは…? | Trackback | Comments(0)
b0018641_17581379.jpg
武士の献立


2013/日
 監督:朝原雄三
 出演:上戸彩、高良健吾、余 貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒形直人、鹿賀丈史

ストーリー(allcinema解説より)
 加賀藩の料理方である舟木伝内が息子の嫁にと連れてきたのは、確かな料理の腕を持ちながら、
  気の強さから一年で離縁された春だった。
 伝内に懇願されて二度目の結婚を決意した春だったが、伝内の跡取りで夫となる安信は無気力で
  料理が大の苦手。年上の春は必死になって夫に料理を教えるのだが…。
 江戸時代の加賀藩に実在した、主君家族の食事をまかなう”包丁侍”とその妻が夫婦愛と家族の
  絆を深めていく姿を描く、ユーモアあふれるヒューマンドラマ。
   武士の献立@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   南極料理人を観た後は、、、「美味しい料理を食べたい! ラーメン食べたい!」
    と 思ったんですけど、、、
   この映画を観た後は、、、「美味しい料理を作りたい!」 と 思いましたね。。
   南京と小豆の炊いたんとか、、、治部煮とか、、
   ちょっと手間隙かけて、、しみじみ食べれるような、、日本人で良かったー! と思えるような、、
   そんな料理を作りたい、、、食べさせたい。。。
   三つ指はつかないけど、、
    「今日もお仕事お疲れ様でした。」 って、、さりげなく背広の上着を脱がしてあげる、、、とか、、
   やってみたい、、、

   ただ、、、それを毎日希望されちゃうと、、、 (`-´メ) 面倒くせっ! ってなるので、、、
   やめとこー。。  ( ̄w ̄)ぷ

   嫁ぎ先のダンナが、、、態度悪すぎて (━━┳━━゛_゛━━┳━━) ちょっとね~

   春が手紙に 「(ダンナは) 無口だけど優しいです。」 とか書いてた辺りは、、、
    ( ̄_ ̄;) どこが?? って感じで、、、
   やっと、、
   暗殺に行こうとするダンナが、、春にお咎めがいかないように離縁状を書いておいた、、
    って辺りで、、優しさが見え隠れ、、、


   私的に、、、可も無く不可も無く、、、ぐらいの映画でした。。
   ダンナの演技に違和感を感じたのは、、、そこに気がいくぐらいのストーリーだったから、、、
    かもしれませんねぇ~。。
   加賀騒動とか、、知らないし。。  (^^;) 知ってたら、、もっと面白かった?



   さて、、切り昆布の煮物でも作りに行くか、、、( ̄ー ̄)











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-08-03 18:02 | カテゴリは…? | Trackback | Comments(0)
b0018641_14501562.jpg
南極料理人


2009/日
 監督:沖田修一
 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、古舘寛治、小野花梨、西田尚美

ストーリー(allcinema解説より)
 日本からはるか14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドーム
  ふじ基地。
 ここに、観測隊の一員としてやってきた西村淳の任務は、総勢8名の男たちの食事を用意すること。
 日本に残してきた妻と8歳になる娘、そして生まれたばかりの息子のことが気に掛かりながらも、
  腕によりをかけた料理で男たちの胃袋を満たしていく。
 とはいえ、食材は豪華でも新たな調達のきかない最果ての地で、日々のメニューに変化を付けるのは
  至難のワザ。
 おまけに、想像を絶する過酷な生活で隊員たちの疲労とフラストレーションもピークに達していくが…。
 実際に南極観測隊の調理担当としてドームふじ基地で越冬した西村淳の痛快エッセイ
  『面白南極料理人』を、TV「篤姫」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の堺雅人主演で映画化した
  ハートフル・ストーリー。
   南極料理人@ぴあ映画生活




  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





   まぁ~! ハートウォーミングですねぇ~ ザ・ハートウォーミングですねぇ~ ( ̄个 ̄)


   始終、ほのぼの、、が溢れてます。
   実際は、、、、
    遠距離恋愛で彼女に振られ、、雪の中で ”死んでやるー!” って叫んでたり、、、
    大好物、、体がラーメンで出来ている、、って程、大好物のラーメンを食べ尽くして半泣き、、とか、、
    こっそり隠れてバターを丸かじり、、って奇行に走ってたりとか、、
    南極に来たことで奥さんと危ない、、、とか、、
    南極に来たことを ”左遷” と嘆き、、脱走を考えてたり、、、とか、、
    協調性がないメンバーと一触即発、、、とか、、
    主人公なんて、、仕事放棄した上に、、唐揚げ食べながらみんなの前で泣いちゃう、、
   ってゆー、、、

   結構、、シビアになり得る状況なんですけど、、、 
   この状況をずっと、、ほのぼの、、で見せるなんて、、
    素晴らしいですね~ ( ̄-  ̄ ) 素晴らしい手腕! ?  センス? ですね~。。


  とにかく料理が美味しそうです。。
   ”美味しい料理を食べると元気になれるでしょ。。” って、劇中で主人公が言ってますが、、
  そうなんですよねーー。。
  本当に、、そうなんですよーーー。。。
  美味しい朝ごはんを食べると、その日、一日、、頑張れるような気がするし、、、
  美味しい晩ごはんを食べると、その日あった嫌なコトも許せるような気がするんですよーー。。

  隊員さん達が、どんな大変な、、重要な、、仕事をしてるかは、、、
   映画には全然出てきませんけど、、 ( ̄w ̄)ぷ
  彼らが仕事を全う出来るのは、、美味しい料理があってこそ! と言っても過言では、、ないはず。。
  なので、、、
  主人公が作る料理に、隊員さん達が一切 ”美味しい” とか言わないのが、、、
  私的には、ちょっと腹立たしかったりもしたんですけど、、、、ねー。。


  心に突き刺さるメッセージもありませんし、、ハラハラドキドキもありませんけど、、、
  ほのぼの、、最後まで楽しめる映画です。。
  気が付くと、、何回も観てしまうような映画です。。  
  あんまり日本映画って観ないんですけど、、、、だから、、あんまり参考にもなりませんけど、、、
  私的、、、
   ”お気に入り日本映画トップ5” に入ってしまいました。。
  残りの4つ、、、思いつきませんけど・・・ (^_^;)


  主人公の西村さん、、、の 本物さんがインタビューに答えてはるのを見つけました。。

  (前・中・後略)
  ドーム基地で、手持ちの燃料が尽きかけるという、絶体絶命の危機を迎えたことがあったんですよ。
  そう、燃料がなくなってボイラーが止まると、室温は徐々に下がり、外気温と同じ-70℃にまで
   なってしまいます。一瞬にして隊員全員が冷凍保存状態になる。


  、、(lll´`) やっぱり、、、、南極基地は ”ほのぼの” だけでは無いんですね。   
  当たり前、、ですけど。。
  で、、この解決策を出したのが、、映画でもエエ味出してたドクターで、、、
  映画のキャラって、、本物にどこまで近いん?? ってぐらい、、映画のドクターが言いそうなコトで、、
  面白かったです。。 ( ̄ー ̄)  見てみてぇ~。。
   ”西村淳 南極でも笑顔を作りたい 〔明日できることは今日しない!?〕


  確か、、彼のエッセイ集から映画になったんですよね。。
  読みたいっ!!











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
[PR]
by ringo-movie | 2015-08-03 15:01 | コメディー | Trackback | Comments(0)