人気ブログランキング |

The Movie -りんごのページ-

ringomovie.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

デンジャラス・ラン ☆☆☆☆

b0018641_18593649.jpg
Safe House


2012/米
 監督:ダニエル・エスピノーサ
 出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ、サム・シェパード

ストーリー映画.comより
 CIAを裏切り36カ国で指名手配を受け、10年間逃亡を続けていた元工作員トビン・フロストが、
  南アフリカにあるCIAの収容施設に収監される。
 しかし、その直後、謎の傭兵部隊が施設を襲撃。施設の管理を任されていた新人工作員のマットは、
  トビンを連れて別の収容施設へ避難することになるが……。
   デンジャラス・ラン@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






    大ヒットして続編製作も決定してるんだってー ('ェ') へぇ~っ


    酸いも甘いも、、、苦いもショッぺーも、全てを知り尽くしてるような
     元CIA情報員、今は世界各国から指名手配されてる逃亡犯。。
    役が、とてもお似合いのデンゼル・ワシントン、、
    と、、
    バリバリCIA情報員の尋問を見て、 
     ” ( ̄⊥ ̄lll) これって、、、合法?” 
    なんて言っちゃう、青臭いCIA情報員がお似合いのライアン・レイノルズ、、
    序盤の隠れ家でのワル襲撃から、ドキドキしちゃう展開でしたが、、
    派手なカーアクションも、ライアンvsワルの肉弾戦も見ごたえありましたが、、、

    (ー`´ー) なんだろね、、、、ストーリーに新鮮味が無い、、、のかなぁ~。。

    結局、思った通りの結末だよね。

    まー、ライアン・レイノルズ大・大・大好き、、な 私としては、、
    ”グリーンランタン” や ”ゴースト・エージェントR.I.P.D.” 
    が 相当な赤字だったらしいので、、、大ヒットして良かったね~。。 (*'v'*)
    って感じですけど、、、
    彼には、こういうシリアスな映画より、
     ちょっとユーモアのある映画の方が合ってると思うんですけどね~。。。

    続編決定って、、、
      (°.°;) デンゼル・ワシントン死んじゃったんですけど、、どーすんの??



      あ、デンゼル・ワシントンは死んでないけど、、彼の演じてた役が、、、ってコトね。 ( ̄w ̄) 












 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-30 19:04 | アクション

デート・ウィズ・ドリュー ☆☆☆☆☆

b0018641_15381733.jpg
MY DATE WITH DREW


2006/米
 監督:ブライアン・ハーズリンガー
 出演:ブライアン・ハーズリンガー、ドリュー・バリモア、エリック・ロバーツ、コリー・フェルドマン

ストーリー(allcinema解説より)
 映画監督を夢見るまったく無名の青年が、憧れのドリュー・バリモアと1ヵ月に以内にデートをすると誓い、
  コネもない中、情熱と素朴な人柄だけを武器に、限りなく細い糸を手繰りながら実現へと近づいていく
  さまを追った爽快ドキュメンタリー。
 6歳の時に「E.T.」を観て以来ドリュー・バリモアに心奪われてしまった27の青年ブライアン。
 仕事もなく恋人もおらず、人生に行き詰まりを感じていた彼は、ある日、クイズ番組で賞金1100ドルを
  獲得する。
 クイズの最後の答えが ”ドリュー・バリモア” だったことから、勝手に運命を感じてしまうブライアン。
 彼は賞金の1100ドルを元手に、長年の夢だったドリューとのデートを実現させるため、30日後には
  返却しなければならない高級カメラを手に、壮大な冒険の旅に出るのだった。
   デート・ウィズ・ドリュー@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






    面白かったです、、、、、ね。 (ー`´ー)う~ん


    これ、本物のドキュメンタリーなん? それとも、それ風のフィクション??
     って、観終わってネットの映画紹介を読むまで知らなかったんですけど、、
    ドキュメンタリーなんですね~。。 本物の。。

    冒頭から ”リスクを犯さないのは魂の浪費だ” by ドリュー・バリモア
    なんて出てきますし、、
    その言葉を励みに、(貧乏なのに) クイズ番組で当てた1100ドルを使って
     ドリューに会うための冒険(?)を始める彼。。
    ですが、、、
     ”リスク” って、、何ですかね? 
      ('ェ') 1100ドルのコト? 1ヶ月間、ロクに仕事もしないコト?
    ま、いっか。

    ドキュメンタリーですけど、、そこに強いメッセージとかは無いですよねぇ。
    結果的に、、
      諦めなければ夢は叶う。
    ってゆー、、夢と希望に溢れた映画になってますけど、、、
    あくまでも結果的に。。  って感じ。。

    なので、、観る側としても、、
     会えるかな? 会えないかな?  って、、ワクワクしながら楽しんで観るだけの映画ですね。
    だけ、、、ゆーたらアカンか。。
    楽しかったら、それでいいか。。  ( ̄m ̄*) ふふっ

    あ、1つ、、思ったのは、、、
     お友達って大切よね~。。 ってコト、、かな。
    もし、彼の夢が叶っていなくても、、友達とこれだけ頑張ったってのは、、
    後々、、いい思い出になってましたよね。。

    最後のドリュー・バリモアの登場で、、、彼とのデートの様子を見て、、
     素直に見ると、、彼女の高感度UP! も、いいとこですよね。。
     斜めから見ちゃうと、、
      どうなのよ、カメラ回ってるから、こそ、、の、その感じ? とか、、、、


    この映画は、、
     とにかく、、素直な・ピュアな気持ちで、彼を応援しながら観ると、楽しめるし、、
    最後、、 ( ̄-  ̄ ) 私も夢を諦めない!  なんて、コブシを握れるかもしれないし、、
    ドリュー・バリモアのファンになれるかも、、しれないですね。




    へ~ ( ̄____ ̄) コリー・フェルドマンは、、セレブ、、、なんだ…











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-30 15:41 | カテゴリは…?

マイティー・ソー ダーク・ワールド ☆☆☆☆☆☆☆☆

b0018641_11514767.jpg
Thor:The Dark World


2013/米
 監督:アラン・テイラー
 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス

ストーリー映画.comより
 英ロンドンに原因不明の重力異常が発生し、ソーの恋人で天文学者のジェーンが調査に向かうが、
  そこでジェーンは地球滅亡の鍵となる「ダーク・エルフ」の力を宿してしまう。
 事態を打開するため、ソーはジェーンを連れてアスガルドに戻るが、そのせいで家族や故郷を危機的
  状況に陥れてしまう。
 最後の手段としてソーは、血のつながらない弟で宿敵でもあるロキの力を借りることになるが……。
   マイティー・ソー ダーク・ワールド@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






     ロキっ… ('ー'*)


    監獄に入ってるロキが、母親(フリッガ)と会話するシーン。。
    オーディン(王)のコトを ”父親じゃない!” って言うロキに、、、
     ”私も母ではない?” と 聞くフリッガ、、 
    ロキ ”そうです”
    それに対し、優しく微笑みながら
     ”自分の心だけは理解できないのね” って言うフリッガも、、、あれも、、、、

     ロキの作った幻影? (´_`。) だったら悲し過ぎるんですけど、、、、

    最初、牢獄に入れられても、、母親だけはロキに会いに来てくれてる、、と思ってたんだけど、、
    ロキが触ろうとしたら消えたもんね、、
    幻影の母と話しながらも、それでも素直になれない ”あんたも母なんかじゃない”
     なんて言ってるん? ロキ。。
    悲し過ぎるよ、、、 (T m T)

    おしゃべりロキちゃんの七変化、、的な、オチャメなシーン。。
    キャプテン・アメリカに変身(?)した時の、、
     ”俺っちヒーロー!コスチュームはキツイけどね♪” な、フザケタ感じが、、、オモロイね。
    本物のキャプテンは、いつも眉間に皺寄せた、”真面目なヒーロー” なんだけどね~ ( ̄w ̄) 
    この七変化、、後の伏線にもなってるんだね。。
    兵士に変化、、がね。。

    こんな感じで、、、
     もちろん、この映画の主人公はソーなんだろうけど、、
      ロキも負けず劣らずの魅力的なキャラになってますねぇ。。。

    ソーと2人、ワルとダークワールドで戦ってる時にジェーンを2回も助けるロキ。。
    エーテルが爆発する時に、彼女に覆いかぶさって。。
    吸収爆弾的なもんからも彼女をかばって、自分は吸い込まれそうになってるし、、
    エエ人なんかな? 本当は、エエ人なんかな?
    とか思っちゃいますやん。。

    ダークワールドにソーを探しに行ってた兵士が、
     ”ソーはいませんでした。 でも、、遺体が…” それに対してオーディン、、”ロキか…” って、、
    それを聞いた兵士の微妙な表情、、、笑ってるの?
    が、、気になってたら、、、、
    最後、その理由が分かりました。。  (ー`´ー) それまで分からなかったって、、私、、どーよ。。

    で、その理由が分かると、オーディンの言った ”ロキか…” も、、どっち!? ('ェ')
    って思いますよね。。
     その遺体はロキか?   なのか、、
     お前(兵士)はロキか?   なのか、、
    オーディンぐらいだったら、ロキの幻影、見破れそうなんだけど、、、どうなんだろね?

    で、王に化けてるロキは、次回、何をしてくれるんだろねー。。 (*'v'*) 楽しみ。。

    って、、、ここまでロキのコトしか書いてないわ。。  (^^;)  他は…

    映像がキレイでしたねー。。
    アスガルドの黄金色が、、、
     見張りの人がおるトコ。。 彼のバックの黄金の歯車が動くとこ、、とか、、
     パイプオルガンっぽい、王城も、、そのシールドも美しいし、、
     ワルの伝説が書いてある本も黄金色で、、ハリポタ風に動いてるし、、
     牢屋のシールドまで黄金色で、、、
    すごいキレイでしたね。。
        ちょっと”ガロ”を連想させる黄金色で、、当たりそー♪ とか思ったのは、私だけですかね?  ( ̄m ̄*) ふふっ

    王妃のお葬式もキレイでしたねー。。
     ( ̄-  ̄ ) 私も、、こんな葬式がいい、、って思うぐらい。。
    城で焚かれる炎も、矢で放たれる炎も、、これまた黄金色で、、美しいんですわ。。

    ロキがオチャメなんもそーですが、、、
    所々、、小さく笑わせてくれるシーンがあって、それが、またいいんですわ。。
    いいアクセントと言うかね。。 
     ジェーンに掛かってきたリチャードからの電話、、
      の後ろで微妙な顔のソー。 その後の ”リチャードって?” って質問が、、可愛い。 ( ̄w ̄) 
     ジェーンの研究所に入って、、玄関横のコートかけにハンマーを掛けるソー。。 行儀いいね~
     ハンマー飛んで行っちゃって、仕方ないから電車で現場に向かうソー。。
      隣の女性が倒れこんでソーにしなだれた時のソー。。 (ー`´ー) ニヤケてるぢゃない!

    ソーって、、1作目もこんなにユーモアたっぷりな映画でしたっけ??

    まだまだ続く、、、のが分かってる映画なので、、、、
     せっかく!チャック(ザッカリー・リーヴァイ)が出てるのに、ほんのチョイぢゃん、、次は活躍する?
    とか、、
     女戦士がソーに気がありそうだけど、、
      ジェーンを見つめてたけど、、愛しさ余って憎さ百倍! で、敵にならないよねー?
    とか、、
     今回、残念な扱いの浅野さんは、、次回はもういないのかなー?
    とか、、
     ジェーンのアシスタントのダーシーは、途中シールドに電話してたけど、、、
       え? 彼女、シールドと関係あったん?
    とか、、、気になりますよね。。   
    ホント、次が待ち遠しい!!!


    次回の、、、”アベンジャーズ” では、、、ソーに対して

      (。・´_`・。)  この前は、大変だったのに、、応援に行けなくてゴメンね~

    ってゆー、、、謝罪から始まるのかな? ('ェ') 地球の危機に来なかった理由を聞こうぢゃないの!











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-30 12:00 | ヒーローもん

インクレディブル・ハルク ☆☆☆☆☆★

b0018641_234110100.jpg

THE INCREDIBLE HULK


2008/米
 監督:ルイ・レテリエ
 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス



ストーリーgoo映画より
  研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター”ハルク”に変身してしまう、
   科学者のブルース。
 彼はその体質の軍事利用を狙うロス将軍から逃れながら、
  ミスター・ブルーなる謎の科学者と連絡を取り、元の身体に戻る方法を模索していた。
 潜伏していたブラジルからアメリカに戻ったブルースは、最愛の女性ベティと再会。
 しかしロス将軍とその部下のブロンスキーが再び彼の捕獲作戦を実行し……。
   インクレディブル・ハルク@ぴあ映画生活




  WARNING
    おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。





  エドワード・ノートンは、こういう ”悩める”役 がお似合いですね。  
  幸薄顔、、と言うか… (^^;)
  冒頭、ハルク誕生の物語がパ・パ・パ・パッと流れますが、、、
   前回のハルクをすっかり忘れてたので、いい感じで思い出せました。

  テンポのいい前半の逃走劇に、ハルクの大暴れ、、
   めちゃ美しいリヴ・タイラーとの再開、、ちょっとしたセクシー・シーンと
  なかなか飽きずに観れ、、、、たんですが…

  もう、

  あの、

  最悪の、


    (屮゜Д゜)屮 ハルク・スマーッシュ! で台無しぃぃ~


  あの叫びで、映画がぶっ潰されてしまいました。



  アベンジャーズにエドワード・ノートンが出なかったのは、、
   ”ハルクスマッシュ” で ハルクに愛想尽きたからでは? (。-`ω´-)むむ

  と 思うのは、私だけでしょうか?

 (初回鑑賞 2013/1/14 評価 ☆☆☆★)



 2回目鑑賞。。  2014/8/29


   ハルクが エリック・バナからエドワード・ノートンに、、
   彼女が ジェニファー・コネリーからリヴ・タイラーに、、
   彼女のお父さんが サム・エリオットからウィリアム・ハートに、、

   代わって、断然、俳優力はUpしてますね。。  ( ̄m ̄*)


   ”ハルク” の 続きかと思ってたら、、
     彼がハルクになった経緯とか、微妙に違ってました。。
    続編じゃなくて、リブートちゅーやつですかね。 ”ハルク” は無かったことに、、ですかね? (^^;)

   スターク(ロバート・ダウニー・Jr.) が出てます。。
   今回は、親切にも、、?、、エンドロール前に出てきてますね。。。
   それでも、一応、、このシリーズは油断できないので、、、
    エンドロールが終わるまでちゃんと観ましたけどね。。 (¬д¬。) 何もなかったわー

    アベンジャーズ関連映画の公開順が気になっちゃいました。。

     アイアンマン  ☆☆☆★ 2008年5月2日
     インクレディブル・ハルク ☆☆☆★ 2008年6月13日
     アイアンマン2 ☆☆☆★ 2010
     マイティー・ソー ☆☆☆☆★ 2011年5月6日
     キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ☆☆☆★ 2011年7月22日
     アベンジャーズ ☆☆☆☆☆ 2012
     アイアンマン3 ☆☆☆☆☆☆☆★ 2013



   (ー`´ー) 結構、、好きなシリーズ(?)  なのに、、意外に星が少ない…  なぜ?
         キャプテン・アメリカ (クリス・エヴァンス) なんか、、大好きなはずなのに、、
         観直したら、、変わるかな?
         星(評価)なんか、、、その時の気分次第だったりするしねー。。。

   その前に、、ソーの2作目観なきゃ、、だわー。。 (^_^;)


   この ”インクレ” も ☆☆☆★ は、、、低評価過ぎだわ。。 ☆2個足しとこー。








 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 





 
 
by ringo-movie | 2014-08-29 19:24 | アクション

ハルク ☆☆☆★

b0018641_2191329.jpg
HULK


2003/米
 監督:アン・リー
 出演:エリック・バナ、ジェニファー・コネリー、ニック・ノルティ、サム・エリオット、ジョシュ・ルーカス


ストーリー(allcinema解説より)
 遺伝子学者ブルース・バナーは、ある実験を行っていたところ、大量のガンマ線を全身に浴びるという
  事故に見舞われる。
 やがて彼の体内で異変が起き、“怒り”の感情を抱いた時、彼の身体は緑色の醜く巨大なモンスター
  “ハルク”へと変身してしまった。
 ブルースの意識をなくしたハルクは、彼を捕獲しようとする軍の最新兵器を搭載したヘリやジェット機の
  攻撃も恐れず、戦車の砲弾さえはね返してしまう。
 もはや誰にも止められなくなったハルクだが、ブルースに特別な想いを寄せる女性科学者ベティだけは
  彼を信じ、なんとか救おうとするのだった。
   ハルク@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






     あらあら、、、、(^_^;) 、、、、、、、、、、残念。。


    エリック・バナさんは、、今回、初めて見た俳優さんですけど、、、
    下手なんですかね?
    演技。。
    大根さん、、なんですかね? (ー`´ー) なんかねー どうもねー う~ん。。。

    途中、、
     ”ハルクの細胞を取っちゃーおー♪  ( ̄m ̄*)  それを利用して大儲けしちゃおー♪”
    ってゆー バカ男 (ジョシュ・ルーカス←でも、エリックさんより男前♪ (*'v'*) )
     が、爆死するアタリから変わりましたよね、、映画のテイストが、、、

       ちなみに私、、前半部分は、嫌いじゃないです。 結構、ワクワク・ドキドキしましたけどね。。


    彼の爆死シーンなんか、おもいっきり   Σ(`Д´ )  コメディ!?  って感じだし。。
    画面の漫画チックな画割りが、ウルサイと言うか、、うっとーしい。。
    研究所の作り? 色味? も、おもきし漫画チックでリアルさが無いし、、、
    このアタリでね、、私、一気に観る気がなくなっちゃいましたわ。
    ま、観たけどね。 最後まで。。    (* ̄  ̄) 怖いもの見たさ、、てね。。

    研究所で実の父親と会話するシーン。。
    なんじゃそりゃ! ( ゚д゚)ポカーン  でした。。
    ”舞台” 的雰囲気を カモシダシタカッタ んですかね?
    今にもシェイクスピアとか始まりそうでしたけど、、、
     ただ、、エリック・バナさんには、ニック・ノルティさんの相手は無理でしたね。。
    余計に大根感が出てました。。
    本当は、、彼の苦しみに共感し、胸を痛めるシーンなのかもしれませんけど、、、
    私、、ちょっと (^_^;) 笑っちゃいましたよね~。。

    窓ごしに見てる恋人と、偉い軍人のお父さん。。。
      ( ̄____ ̄) ボーっと見てんと、さっさと止めたら? ハルクになるよ!
    とか、、
    さえ、、どーでもいいか。。。。   て気分でしたよね。。  (^^;)


    ハルクの長距離ジャンプのシーンは、、、、いいですね。
    気持ち良さそうで、爽快♪ ですよね。   
     ま、状況的には、戦闘機にガンガン攻撃されながら逃げてるトコなので、、爽快どころじゃないんですけどね。
    ユニバ・JP でも作ったらいいですやん。
     ”ハルク・ザ・ライド” 的なん。

       あ、シュレックとカブルか… ( ̄-  ̄ )


    ”インクレディブル・ハルク” を観る前に、絶対にコチラも観てるはずなんですけど、、、
    特に、後半部分なんか、全然、薄っすらとも覚えてないんですよねーー。。
    もしかして、前回、、、
      (。-`ω´-) 途中リタイアしちゃってたかなー?

    それすら覚えてない…。。  


    ハルクに変身したら、凶暴になって、人間性とか無くなる、、んだと思ってました。。
    ただ1人、愛するベティのコトだけは覚えてる、、的な。。
    ”インクレ” は、そー違いましたっけ??
    コチラのハルクは、結構、人間っぽかったですよね。
    どんだけ撃たれても、軍人さんを殺さないように攻撃してたし、
     橋にぶつかりそうになった戦闘機は、助けてあげてたし。。。  
    なんだ、、優しいぢゃん。。  てね。



    さて、”インクレ” を 観なおしてみよ~っ。。  比べてみよ~っと。 ( ̄ー ̄) ふふっ 











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-28 21:18 | ヒーローもん

エンド・オブ・ホワイトハウス ☆☆☆☆☆☆☆

b0018641_14324433.jpg
Olympus Has Fallen


2013/米
 監督:アントワーン・フークア
 出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・バセット、メリッサ・レオ

ストーリー映画.comより
 アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、
  占拠される前代未聞の事態が発生。
 大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コード
  を要求する。
 誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、
  難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが……。
   エンド・オブ・ホワイトハウス@ぴあ映画生活





  WARNING
    おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






  ひゃぁ~ プチプチ ぷちぷち プチプチ ぷちぷち 人が死ぬぅ! ( ̄▼ ̄|||)

  北朝鮮のテロリストがホワイトハウスを襲撃って、、、
  こーいうの、、北朝鮮から苦情はきーひんのかね?

  韓国首相の警護が、世界的に指名手配されてる男と、その仲間(?)って、、、
  手書きのテキトーな履歴書持参で簡単になれるんかね? 首相の警護。。。
  北朝鮮が脅してくるんですぅ~ (・_・、)
   って、、まー弱々しく大統領に訴える首相。 あっさり殺されるし。
  米軍が撤退したら、、、韓国は数分(何分だったか覚えてないわー) で北朝鮮にやられるって、、
  そんなに弱いんかね? 韓国軍。
  で、、そーいうの、韓国から苦情はきーひんのかね?

  てか、、日本は完全に無視されてるけどね。 (Θ_Θ;) 

  こんな事、、ホワイトハウス襲撃って、、、本気でやろうと思ったら、、どれぐらい出来るんだろね。
  この映画観て、真似しちゃおーとか、、思ったら、、
   どこまで真似出来るんかね?
  最初に飛んでくる襲撃機が、まず、あそこまで行けるんかね?


  てか、、ホワイトハウスの警護の人達、、弱すぎだよね。
  機関銃をバリバリ撃ってるところに、ワラワラ出てこんでもー ( ̄_ ̄;)
  警護の人達が全滅なのに、テロリストは40人中12人(?)だっけ、、、しかやられてないって、、
  これも、、、シークレット・サービスの人は苦情をゆーてもいいぐらいちゃう? ( ̄w ̄)ぷ

  女のナンテロ長官がボコボコにやられても ”言わない!” って頑張ってたケルベロス・コード、、
  大統領は、、すんなり言っちゃったのかなー?
  ボコボコにやられた感も無いんだけど、、、(Θ_Θ;) 言っちゃったな!?


  とか、、なんとか言いながら、、、、
   ジェラルド・バトラーのカッコ良さと、映画のテンポの良さで、最後まで飽きることなく観れました。



  韓国や北朝鮮の人達が観た感想を知りたいわ、、、(。-`ω´-)

 (初回鑑賞 2014/3/28 評価 ☆☆☆☆☆★)



 2回目鑑賞。。  2014/8/27


   ”ホワイトハウス・ダウン” を 観たので、、
      コチラも観なおしてみました。 ふふっ ( ̄w ̄) 比べてみちゃおー♪  的なね。

   で、、、
    やっぱり、、( ̄____ ̄) 面白かったですね。

   前回から5ヶ月程しか経ってないので、内容もしっかり覚えてましたけど、、、
   それでも面白かったです。  最後まで飽きずに観れました。。

   ”ホワイトハウス・ダウン” と、コチラ ”エンド・オブ・ホワイトハウス” 思いっきり設定は似てますが、
   テイストが違うので、、どちらが良いとか悪いとか、比べようがないですね。
   どちらも、それぞれ面白かったです。

   ま、私的には、、
    派手なドンパチをハラハラ・ドキドキしながら観たい! 時には、 ”エンド~” を
    気楽に、気軽に、ボーっと男前を見て疲れを癒したい! 時には、 ”ダウン” を
   選ぶかなぁ~  ( ̄m ̄*) ししっ


   前回の評価は ☆☆☆☆☆★  でしたが、、
    ”ホワイトハウス・ダウン” と、、、同じにしとこーっ。。 ( ̄-  ̄ )











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-28 21:04 | アクション

ホワイトハウス・ダウン ☆☆☆☆☆☆☆

b0018641_22395598.jpg
White House Down


2013/米
 監督:ローランド・エメリッヒ
 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク

ストーリー映画.comより
 議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが
  不採用となってしまう。
 幼い娘をがっかりさせたくないと、ジョンは娘をホワイトハウスの見学ツアーに連れ出すが、その時、
  謎の武装集団がホワイトハウスを襲撃、占拠するという前代未聞の事態が発生する。
 政府が大混乱に陥る中、ジョンは大統領や娘、そして合衆国の命運をかけた戦いに身を投じる。
   ホワイトハウス・ダウン@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   まー サクサク、サクサク観れる映画でしたわぁ~
    ”ザ・娯楽大作” って感じですねぇ。。

   この映画、、、
    私、、、チャニング・テイタムが (*'v'*) 好きすぎて、、、今まで寝かしてました。。
   こんな映画観たら、、
    胸のトキメキが治まるまで数日、寝たきり状態になってしまう!! 、、(lll´`)  と 思ってたのでね。
   が、、やっと最近、、
    ( ̄-  ̄ ) ライアン・レイノルズもいいよね~
   なんて、、ちょっとチャニング・テイタムへの恋心が落ち着いてきたので、、
   満を持しての鑑賞です。。  ( ̄m ̄*)   

   ホワイトハウスをテロリストに占拠される!!
   なんて、超緊急事態なんですけど、、、まー軽いノリです。。
   大好きなんですけど、、チャニング・テイタム、大好きなんですけど、、、本当に大好きなんですけど、
   彼って、、なんか、、、ちょーっとバカっぽいですよね。
   その感じが、、また好きなんですけど。。 (*'v'*)えへ
   そのバカっぽさが、、この映画の、ちょっとバカっぽい脚本と合ってるんですよ。。 (ほめてます)
   周りの俳優さんは、みんなシリアスしてはるのに、、(特にジェームズ・ウッズ!!)
    そのまま ”エンド・オブ・ホワイトハウス” でもいけそうなのに、
   チャニング・テイタムと大統領のジェイミー・フォックス、二人の絡みだけで、、
   ホワイトハウスをテロリストに占拠される!!
    なんて映画が、シリアス感ゼロになるとゆー。。 ( ̄w ̄)

   なので、展開にドキドキするコトもなく、楽しく最後まで観れましたね。
                              (*'v'*) チャニング・テイタムにはドキドキしたけどね。

   そういう映画なので、、ま、真剣に色んなコト考えたらアカンのでしょうけど、、、
   最後、
    小娘が振る国旗を見て、大統領命令を無視した戦闘機のパイロットさんは、、
    本当なら軍法会議ですよね。
    どれくらいの処分ですかね?
   あの時点で、パイロットは核爆弾の発射はキャンセルされたって知らないんですよね。。
   核爆弾が発射されるかもしれないけど、、、やめた。。  ってコトですよね。
   そんな気持ちの弱い人は、そーいう仕事についたらアカンですね。 (ー`´ー)

   つい最近 ”ネイビー・シールズ” を観たので、、、
     (。・´_`・。)  これぐらい、彼らならなんとでも出来るんちゃうん!? とか思っちゃうんですけど、、
   途中、ヘリ3機でホワイトハウスに近づいて行ったのは、、”特殊部隊” ゆーてましたね。。
    ”市民を犠牲にはしません ハウスは奪還します” とか強気なコトをゆーてた割には
   アッサリやられてましたけど~。。 ( ̄_ ̄;)











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-25 22:45 | アクション

THE ICEMAN 氷の処刑人 ☆☆☆☆☆☆

b0018641_20103719.jpg
THE ICEMAN


2012/米
 監督:アリエル・ヴロメン
 出演:マイケル・シャノン、ウィノナ・ライダー、ジェームズ・フランコ、レイ・リオッタ、クリス・エヴァンス

ストーリー映画.comより
 1960年代、米ニュージャージーで妻と2人の子に囲まれ幸せに暮らすククリンスキーは、近所でも評判
  の良き夫、父親だった。
 しかし、その裏では家族さえも知らない一流の殺し屋として約20年間で100人以上を殺害していた。
 心優しき家庭人という表の顔と、冷酷な殺人者という裏の顔をもった
  実在の暗殺者リチャード・ククリンスキーを描いたクライムドラマ。
   THE ICEMAN 氷の処刑人@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






    事実を基に… かぁ。。 (。-`ω-) 


   ”100人殺した男
    誰よりも妻を愛した夫 何よりも娘を大切にした父親
    20年もの間、家族についていた唯一の嘘。 それは、「殺し屋」だったということ--”

    どこまで ”事実を基に” で どこが ”フィクション” なのか、、、知りたいですね。。
    私的に、、
     妻に1回でも暴力を振るっていたら 
      ”誰よりも妻を愛した夫” なんて言わないで欲しいんですよね。
     1人でも、女・子供を殺してたら ”事実を基に” なんて書かないで欲しいし、、
    まー でも、、、(ー`´ー)う~ん 実際、”事実を基に” はしてるんで、、、
     ”事実を基に” を 書かなかったら、書かなかったで、、問題ですかね??
    だったら、
     ”事実を基にはしてますが、殺人犯をちょっと美化しちゃいました。” って、書いて欲しいかな、、

    ま、無理でしょうけど。 ( ̄____ ̄)



    主役の暗殺者、マイケル・シャノンが怖いですよねー。 顔も、、やたらとデカイのも、、、(Θ_Θ;) 
    なので、、人を殺してるシーンはしっくりきますが、、
    ”良き夫” には、、どうしても見えないですね。 常に緊張感が、、、それが、また怖い!!

    ジェームズ・フランコが、驚くほどのチョイ役で出てました。。
    1つ前にみた ”デート&ナイト” でもそうだったし、、そういうの気にしない人なんですかねー?

    愛しの (*'v'*) クリス・エヴァンス が出てました。
     愛しの、、やけど、最初、、、気付かないぐらいのボーボーでした。。。
    ボーボーでもないと、、どうしても ”キャプテン” のイメージが強いんでしょうね~
    それは、それで、、大変ですね。
    てか、そんだけボーボーだったら、、、彼じゃなくてもいいやん、、って気もしました。。
     ”愛しの” やけど、、 マイケル・シャノン が強烈過ぎて、、存在薄いし。。。 ( ̄_ ̄;)



    楽しんで観る、、、内容の映画では無いので、、、、、、 (^^;) 楽しくはなかったですけど。。
    ツマラナクも無く。。
    かと言って、、人に勧めたいと思うような映画でもなかった、、、ですね。











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-25 20:17 | サスペンス

デート&ナイト ☆☆☆☆☆☆☆

b0018641_1511395.jpg
DATE NIGHT


2010/米
 監督:ショーン・レヴィ
 出演:スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ、マーク・ウォールバーグ、ジェームズ・フランコ、マーク・ラファロ


ストーリー(Amazon商品紹介より)
 NYで暮らす倦怠期のフォスター夫妻は超人気レストランを訪れるも、満席で意気消沈する。
 だが予約席の人物が来店しないのをいいことに、その名を名乗って勝手に席をいただくことに。
 優雅にディナーを楽しむ彼らだったが、突然謎の男たちが現れて「ブツを返せ!」と、銃を突きつけてきた!
 この席を予約していたヤバい連中と人違いをしているらしい。
 何とかその場を切り抜けて街中を逃げ回るハメになった夫婦は、やがてマフィアや警察までもが絡む
  大きな事件に巻き込まれてゆき……。
   (デート&ナイト@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   共演者がとても豪華です。。 (°.°;) わぉ



   ”テッド” は面白かったね~。 の、、マーク・ウォールバーグ、、常に上半身裸です。。
   鍛えてはりますね。 筋肉モリモリです。。 
    どー観ても、、猿顔なのに、、カッチョいいのはナゼですかね??
   猿顔なのに ”エエ男” オーラが凄いです。 ナゼですかね?? (ー`´ー)

   ”ハルク” より ”恋人はセックス依存症” のイメージが強すぎて、、
    ちょっと引いちゃう、、マーク・ラファロ。。
   ”キッズ・オ-ルライト” も そんな感じやったし。。
   この映画では、ほんとチョイ出、ですね。。
   マーク・ウォールバーグも彼も、、主役でいける人なのに、、なぜ? スティーヴ・カレルと友達?

   ”スパイダーマン” ”オズ” で知られてますよね。  ジェームズ・フランコ。。
   私的には ”スモーキング・ハイ” の ダラシナイ感じの方がイメージ強くて、、
   今回もそんな役だったので、、この人のイメージ、そこで固まっちゃうわー。。

   大ボスは、なぜかノンクレジットの レイ・リオッタでした。。 なぜ? 友情出演?
   彼の代表作って、、、 (ー`´ー) なんですかね?
   私的には、 ”アイデンティティー” なんですけどね、、脇役の大ワルとしてよー出てますよね。

   他にも知った顔がいっぱい。。
    この人、知ってるー! この人、見たことあるー! この人も、、名前知らんけど、、知ってるー!
   なんて思いながら観てたら、、あっという間に終わっちゃいます。。
   そーいうのが、、邪魔にならないぐらい、、、
    ストーリーに集中してなくても楽しめる映画です。。  (^^;) ほめてます。。


   気軽に、気楽に、のんびり笑いたい時に、、オススメです。。  (°∀°)b











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-24 15:13 | コメディー

セントアンナの奇跡 ☆☆☆☆☆☆

b0018641_14575148.jpg
MIRACLE AT ST. ANNA


2009/米
 監督:スパイク・リー
 出演:ラズ・アロンソ、ジョン・タトゥーロ、マイケル・イーリー、デレク・ルーク、オマー・ベンソン・ミラー

ストーリー(allcinema解説より)
 1983年のニューヨーク。
 ある日、郵便局に現われた男性客を定年間近の郵便局員が射殺する事件が発生。
 そして犯人の男ヘクターへ殺人の動機や被害者との関係を追及する中、彼の部屋では歴史的に重要な
  イタリアの彫像が発見される。
 そんな不可解な事件の謎を解く鍵は、19444年のイタリアまで遡るのだった――。
 第二次大戦下、アメリカ軍の黒人だけで組織された部隊 ”バッファロー・ソルジャー” は、イタリアの
  最前線でナチスと戦っていた。
 そのさなか、無線兵でイタリア語が堪能なヘクター、リーダーのスタンプス、自分勝手なビショップ、
  心優しいトレインの4人は、アンジェロという少年を救ったため部隊とはぐれ、敵陣で孤立してしまう。
 やがて、アンジェロの手当てのため、トスカーナの小さな村へ身を寄せる4人。
 そこで、彼らと村人たちとの間には、人種や言葉の壁を越えた交流が芽生えていくのだった。
 だが、そんな心休まる時も束の間、村がナチスの大軍に襲撃されてしまい…。
   セントアンナの奇跡@ぴあ映画生活





  WARNING
    
おもきし!! ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。






   ”奇跡” に 感動する映画なんですよね、きっと。。
   私は出来なかったけど。。 (´_`。) 残念。。。

   最初、銀行で撃たれた男が誰だったのか、、、
   撃ったのが誰だったのか、、、
   最後まで分からなかったとゆー、、、( ̄_ ̄;) ちゃんと観てたはずなのに、、

   もうちょっと分かりやすい、他と区別しやすい顔の人にしてくれたら、、、
   って思うのは私だけですかね??
   ちなみに、、戦闘のシーンになっても、アメリカ兵とドイツ兵の区別がつきにくいですよねー
   どっちか、、蛍光色の戦闘服にするとか、、ゼッケンつけるとか、、 (^^;) アカンか、、、

   孤立した4人の区別も、、、 (^^;)
    どデカイ・子供が懐いてるトレインと、エロエロ光線出しまくりのビショップはわかるけど、、
    ヘクターとスタンプは、、、区別がつかない。。。
   ので、、、
   最後、ヘクターが生き残った時も、、、誰?どの人?何ゆーてた人? って、、そればっか。。

   この映画は、、ある程度ストーリーも分かってて、時代背景も調べて、から、、の
    2回目の方が細かい所まで観れて感動出来るかも。。
   あと、、天使とか神様とかを信じる人は、、より楽しめる、と言うか、感動出来るのかも。。

   最後のシーン、、
    礼儀を重んじる日本人としては、
     (`-´メ)  助けてもらった人なんだから、それに、相手は年寄りなんだから、、、
           椅子に座って本とか読んでないで、、自分から近づいていけ!
           像があるから、、、ってゆーなら、せめて、立って待っとけ!
   って、思うんですよー。。
   あの雰囲気が ”天使に再会” 的なイメージなのかもしれないけど、、
   なんかね、しっくりけーへんわ。。 (ー`´ー)

   村になにかあったら、目を覚まして村人を守るってゆー 「眠れる男」 は、、
    結局、村人皆殺し、、、でも、何もせず、、、
   村人も、虐殺される神父も老人も乳飲み子をかえた母親も、、ドイツ兵も、、、
    一生懸命祈るけど、、、、、、、、、、、、、

   神様がどんなんか知らないから、、、
   よー ワカランね。 ( ̄_ ̄;)











 人気blogRankingに参加してます。
良かったらポチッと押してね♪ 







   
by ringo-movie | 2014-08-24 15:04 | 戦争もの…
line

ネタバレ注意!!


by ringo-movie
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー